fc2ブログ

記事一覧

従来の研究成果とは異なる見解を提示~明治期以降の政財界の大物が構えた邸宅・別邸跡を探訪(最終回)~世田谷区岡本散策番外編:森元首相の自宅(旧宅)/清水揚之助/川崎八右衛門/徳川圀順/田健次郎



本記事は上記(1)のシリーズの最終回になります。


「政財界人の邸宅・別荘④:パイオニア創始者・松本望の居宅⇒松本音楽迎賓館」

「政財界人の邸宅・別荘⑤:鮎川義介⇒多摩川テラス」

「政財界人の邸宅・別荘⑥:小坂家住宅」

「政財界人の邸宅・別荘⑦:久原房之介:ガーデンハウス」

「政財界人の邸宅・別荘⑧:パークコート玉川」

最終回の今回は。次の6つの邸宅跡を探訪します。また、徳川圀順の邸宅については従来の研究成果とは異なる見解を提示します。

「政財界人の邸宅・別荘⑨:清水揚之助⇒:玉川病院」

「政財界人の邸宅・別荘⑩:森喜朗旧宅」

「政財界人の邸宅・別荘⑪:川崎八右衛門:聖アントニオ聖学院」

「政財界人の邸宅・別荘⑫:徳川圀順⇒アクアスポーツ&スパ、高島屋SCガーデンアイランド」

「政財界人の邸宅・別荘⑬:旧第一銀行倶楽部⇒セントメリーズインターナショナルスクール」

「政財界人の邸宅・別荘⑭:田健次郎⇒五島美術館」

☆☆☆

(※)私の個人的な考えをまとめた記事として「日々思うことのカテゴリ」がありますので、ご関心のある方はこちらをご覧ください

(※)その他のカテゴリとしては以下のものがあります(投資関係を除く)。


☆☆☆

X(旧ツイッター)でも配信しています。




★★★
★★★




(政財界人の邸宅・別荘⑨:清水揚之助⇒玉川病院)


清水組(現・清水建設)副社長・清水揚之助が世田谷区瀬田に約8,422㎡(2547.65坪)の土地を購入し、


大正8年(1919年)頃中根岸(現在の台東区根岸)の本宅より、主屋と離れを移築し、別邸を構えました。


昭和28年(1953年)から日産厚生会玉川病院(下の写真)となり、離れだけが取り残されていましたが(世田谷区瀬田4-8-1)、
玉川病院 明治以降の政財界要人


この離れは昭和53年に解体され、その後、二子玉川公園内にある日本庭園・帰真園に移築されました(下の写真)。
玉川病院 清水家住宅 明治以降の政財界要人


なお、玉川病院の敷地内には下の写真のような石造物がひっそりと置かれているのですが、清水揚之助の別邸時代にあったものが残されているのかもしれません。
玉川病院 石造物1 明治以降の政財界要人

玉川病院 石造物2 明治以降の政財界要人




★★★
★★★




(政財界人の邸宅・別荘⑩:森喜朗自宅(旧宅))


森元首相の自宅(旧宅)については(下の写真)、
森元総理の自宅 明治以降の政財界要人


著名建築家・白井晟一(しらい せいいち)の設計による建造物であること、


RC地上2階、地下1階建て、土地187平米、建物面積384平米、7台分の駐車スペースがある豪邸であることなどを




その後、この邸宅は4億円で売りに出されていましたが、すぐに購入されたようです。


売りに出された資料には「英語 中国語 OK」と書かれていたので外国人が買ったのかもしれません。


いずれにしても、ノアビルや松涛美術館を設計した昭和を代表する建築家・白井晟一が設計した歴史的な建造物なので大事にして欲しいと思います。




★★★
★★★




(政財界人の邸宅・別荘⑪:川崎八右衛門⇒聖アントニオ聖学院)


現在の聖アントニオ聖学院には(世田谷区瀬田4-16-1)、
聖アントニオ教会 明治以降の政財界要人


東京川崎財閥の川崎八右衛門(二代目。1866~1947)の別邸がありました。


往時の名残と思われる屋敷構えが残っています。
聖アントニオ教会 屋敷構え 明治以降の政財界要人




★★★
★★★




(政財界人の邸宅・別荘⑫:徳川圀順⇒アクアスポーツ&スパ、高島屋SCガーデンアイランド)


現在のアクアスポーツ&スパ、ガーデンアイランドには、水戸徳川家の徳川圀順(とくがわ くにゆき。1886~1969)の別邸がありました。


徳川圀順は向島小梅の旧水戸藩江戸下屋敷に住んでいましたが、震災で渋谷猿楽町に移り、その後戦争の影響などで瀬田の別邸に移り住みました。


「世田谷区文化財調査報告集-4-」ではアクアスポーツ&スパ(世田谷区瀬田4-15-1)の土地に別邸があったと書かれていますが、


当時の地図を見ると、徳川圀順の邸宅は旧玉川線に接していて、この接している部分は現在の高島屋SCガーデンアイランド(世田谷区瀬田2-32-14)になります。
徳川邸と旧玉川線1 明治以降の政財界要人
(出典:世田谷区文化財調査報告集-4-)

他の地図でも見てみます。
徳川邸と旧玉川線2 明治以降の政財界要人
(出典:岡本民家園企画展)


徳川圀順の別邸があった敷地は、その後「国道246号東京・横浜バイパス」が建設されたため、分断され、北側がアクアスポーツ&スパに、南側が高島屋SCガーデンアイランドに分離されました。
徳川邸と旧玉川線 246号線 明治以降の政財界要人
(出典:岡本民家園企画展)


したがって、徳川圀順の別邸のあった場所は、

「世田谷区文化財調査報告集-4-」で書かれている「アクアスポーツ&スパの土地に別邸があった」のではなく

アクアスポーツ&スパから道路を含んだ高島屋SCガーデンアイランドまでの敷地であったと考えられます。


下の写真は高島屋SCガーデンアイランドから見たアクアスポーツ&スパ。間に国道246号線が走っています。
高島屋SCガーデンアイランドから見たアクアスポーツ&スパ 明治以降の政財界要人




★★★
★★★




(政財界人の邸宅・別荘⑬:旧第一銀行倶楽部⇒セントメリーズインターナショナルスクール)


現在のセントメリーズインターナショナルスクールには(世田谷区瀬田1-6-19)
セントメリーズインターナショナルスクール 明治以降の政財界要人


旧第一銀行倶楽部があり当時の各界の著名人が多く集まっていたそうです。




★★★
★★★




(政財界人の邸宅・別荘⑭:田健次郎⇒五島美術館)


逓信大臣・司法大臣等を歴任し、参議院議員・田英夫の祖父でもある田健次郎(1855~1930)が、明治39年(1906年)に駐日ハワイ公使の別邸を買い受け別邸として使用していました。

その後、関東大震災頃に麻布区本町にあった本宅を離れてこの別邸を本宅として使用するようになります。

その後所有者が変わり、現在では五島美術館(下の写真)となっています(世田谷区上野毛3-9-25)。
五島美術館 明治以降の政財界要人


五島美術館、五島昇・東急電鉄(元)社長・会長の邸宅については、「【瀬田・上野毛】高島忠夫など芸能人・著名人の自宅を探訪~二子玉川界隈散策シリーズ(最終回)」を参照ください。

☆☆☆

本記事で、「幣原喜重郎と平野文書から見る憲法草案作成と世田谷区岡本~明治期以降の政財界の大物が構えた邸宅・別邸跡を探訪~世田谷区岡本散策番外編(1)」から3回に渡って掲載した「「明治期以降の政財界の大物が構えた邸宅・別邸跡を探訪~世田谷区岡本界隈散策番外編」シリーズを終了します。


★★★
★★★


┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ       

プロフィール

カツQ

Author:カツQ

リタイアして8年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に東京散歩と株式投資で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。

東京散歩は健康維持も兼ねながら、歴史や地形・古道・暗渠を通して見た街角散をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。

X(旧ツイッター)にも投稿しています。X(旧ツイッター)のリンク先は、https://twitter.com/QQkatsu525

無断転載の禁止

本サイトの画像(トリミングを含む)、文章の無断転載を禁止します。 転載希望の方は下記メールフォームにてご連絡ください。

【保存版】損切りしない株式投資

【保存版】地域別(東京23区+近隣県)散策記事一覧

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: