fc2ブログ

記事一覧

近代化された二子玉川に残された過去の痕跡~二子玉川界隈散策シリーズ(3):花街跡/砧線跡/陸閘/逓信省マンホール/二子玉川のシンボルツリー


「玉川」しかなかった地域に、何故「二子玉川」の名がついたのかを考察し、

「二子玉川」=高級イメージという街が、かつては川崎側の方にブランド力があり、そのブランドを世田谷区側が拝借したという意外な事実を追ってみました。

今回は、花街の痕跡、廃線となった砧線跡、煉瓦造りの旧堤防など、近代的な二子玉川に残された昔の痕跡を探訪します。


(※)花街、廃線跡など特定の事象にスポットを当てた記事のカテゴリとして、「東京散歩(古道・暗渠・花街・戦争遺構・廃線跡など)」があります。

(※)その他のカテゴリとしては以下のものがあります(投資関係を除く)。




★★★
★★★




(花街・三業地の痕跡)


多摩川は江戸時代からアユの産地として知られ、明治時代になると玉電と連携して料亭・旅館が、船宿を兼ねてアユ魚の船を出すなどして、行楽客を誘致しました(下の写真)。
多摩川での舟遊び 二子玉川散策再訪3
(出典:次太夫堀公園事務室の展示)


二子玉川(当時は「玉川」)における、これらの料亭・旅館街は昭和2年(1927年)に三業地(さんぎょうち)に指定され花街として発展していきます。

この三業地(さんぎょうち)は、世田谷区に唯一存在した三業地・花街でもありました。
三業地 二子玉川散策再訪3
(出典:世田谷区文化財調査報告集―15-)


三業地の周辺には水田地帯が広がっています。

三業地とは①待合茶屋(待合)・②芸妓(芸者屋・置屋)・③料理屋の三業種が営業を行う地域のことです。

待合は場所を提供するだけで、料理ができませんから、料理は料理屋から取り寄せ、芸妓置屋から芸者を呼びました。その中で料亭だけが今日まで存続しています。




★★★
★★★




大正9年(1907年)にできた三業地の指定地制度によって、上述したように、昭和2年(1920年)正式に玉川の三業地・花街が成立しました。

都心の花柳界と比べ6割程度の安さのため人気がありましたが、「場末」の感はぬぐえなかったようです。

昭和10年頃は花街としてにぎわっていたそうですが、今ではその当時の面影はほとんど失われてしましました。

しかし、わずかながらその痕跡が見られますので、それらについては次回の記事で見ていきたいと思います。

下の写真は、玉川にあった往時の待合。
往時の待合1 二子玉川散策再訪3
(出典:世田谷区文化財調査報告集―15-)


当時の待合には、料理屋や置屋に連絡を取るための電話室が必ずありました。
往時の待合2 二子玉川散策再訪3
(出典:「世田谷区文化財調査報告集―15-」を筆者が加工)




(都心の花街、ゲイタウンについて書いた記事)


都心の花街、ゲイタウンについて書いた記事としては以下の記事があります。


(1)銀座8丁目にある新橋花柳界について書いた記事:「銀座の高級クラブ界隈を歩く~銀座散策~神社・裏路地巡り~(9)」


(3)柳橋の花街について書いた記事:「蔵前→浅草橋散策(最終回)」

(4)新宿二丁目のお寺とゲイタウンについて書いた記事





★★★
★★★




(砧線跡)


玉川高島屋から、「多摩川を挟んで似たような地名があるのは何故?~二子玉川界隈散策シリーズ(1)」でご紹介した「二子橋親柱」が置かれている場所に行く途中に、

「花みず木通り(砧線跡)」という小さな通りがあります。
花みず木通り 二子玉川散策再訪3


ここは、砧線という東急玉川線の廃線路跡なのですが、この砧線跡の散策については番外編として記事を書く予定です。

下の写真は、砧線が走っていた橋に置いてある説明版。
砧線説明プレート 二子玉川散策再訪3




★★★
★★★




(ハナミズキ:二子玉川のシンボルツリー)


なお、ハナミズキは二子玉川のシンボルツリーになっていて、二子玉川を歩いているといたるところでハナミズキの並木に出会います。
ハナミズキの並木 二子玉川散策再訪3


下の写真は、4月に開花したハナミズキの花。
ハナミズキの花 二子玉川散策再訪3


「花」に見える白い部分は実は苞葉(ほうよう)という「葉」が変形したもので、実際の花は中にある黄色い部分が花になります。
ハナミズキ 花の解説 二子玉川散策再訪3


なお、二子玉川ライズには「ドッグウッドプラザ」という、レストランや商店からなる商業施設がありますが、
ドッグウッドプラザ 二子玉川散策再訪3


英語の「ドッグ ウッド(dog wood)」は「ハナミズキ」のことです。

英名の「Dogwood」はハナミズキの見た目とは全然関係がないのですが、

その昔、ハナミズキの樹皮の煮汁を煎じた液を犬の皮膚病治療のために用いていたことからその名前がついたと言われています。




★★★
★★★




(煉瓦造りの旧堤防)


二子玉川駅を出て右に曲がると、近代的なライズの商業施設があります。
ライズ 二子玉川散策再訪3


下の写真は夜のライズ。
夜のライズ 二子玉川散策再訪3


ちなみに、玉川高島屋とライズには多くの商店やスーパーマーケットがあり、日常生活の商品のほとんどはここで手に入りますが、

ヤマダ電機やビックカメラのような家電量販店がないのが二子玉川の欠点と言えば欠点です。

蔦屋電機がありますが、ここは高級過ぎ専門的過ぎるのでやはり一般的な家電量販店があるといいですね。

ライズを通り過ぎると、バスターミナルがありますが、その先に昭和8年(1933年)に完成した煉瓦造りの多摩川旧堤防があります。
旧堤防 二子玉川散策再訪3


下の写真は、上空から見た多摩川旧堤防です。
上空から見た二子玉川ライズと旧堤防 二子玉川散策再訪3
(出典:「二子玉川メディア」の「陸閘の閉鎖訓練レポート」を筆者が加工)




★★★
★★★




(陸閘)


下の写真は多摩川旧堤防に登って撮影した多摩川旧堤防です。左右の街並みが異なり、ライズ側が再開発されていることが分かります。
旧堤防 再開発地区と古い町並み地区 二子玉川散策再訪3


ここには、「玉川西陸閘」(たまがわひがしりっこう)があり、
旧堤防 陸閘1 二子玉川散策再訪3


「玉川西陸閘」の表示があります。
旧堤防 玉川西陸閘 二子玉川散策再訪3


「陸閘」(りっこう)とは聞き慣れない用語ですが、Wikipediaによれば

「河川等の堤防を通常時は生活のため通行出来るよう途切れさせてあり、増水時にはそれをゲート等により塞いで暫定的に堤防の役割を果たす目的で設置された施設」(出典:Wikipedia)
とのことです。


多摩川が増水したときに洪水を防ぐため、「陸閘」にはゲートを差し込む縦の溝があります。
旧堤防 陸閘2 二子玉川散策再訪3


増水時に備えて、毎年、陸閘の閉鎖訓練が行われています。下の写真はその訓練の様子です(出典:「二子玉川メディア」の「陸閘の閉鎖訓練レポート」)
陸閘閉鎖 訓練の様子1 二子玉川散策再訪3

陸閘閉鎖 訓練の様子2 二子玉川散策再訪3






★★★
★★★




(農業用水路跡)


二子玉川駅周辺は平たんで歩きやすいのですが、ところどころに、「想定浸水深●メートル」という標識が置かれています。
想定浸水6m 二子玉川散策再訪3


また、過去の写真や地図を見ると、現在の二子玉川駅周辺は水田地帯であったことが分かります。
水田地帯の写真 二子玉川散策再訪3
(出典:「多摩川と世田谷の村々」(世田谷区郷土資料館))


このように、現在の二子玉川駅周辺は、かつては田んぼが広がる水田地帯でした。

このため、この界隈を歩いていると、かつての農業用水路跡を所々で見ることができます。
農業用水跡1 二子玉川再訪3

農業用水跡1 二子玉川散策再訪3




★★★
★★★




(逓信省マンホール)


二子玉川駅西口を出て、玉川高島屋方向に向かうと、

玉川高島屋S・C前の歩道に
逓信省マンホール1 二子玉川散策(再訪)1


昭和10年代に設置されたと思われる逓信省のマンホールがあります。
逓信省マンホール2 二子玉川散策(再訪)1


中央部には「〒」の徽章と「話電」と右書きで書かれた文字があります。
逓信省マンホール3 二子玉川散策(再訪)1


二子玉川の大規模な開発にもかかわらず、よく残っていたものです。


参考記事:いまだに残っている戦前のマンホールについて書いた記事として以下のものがあります。






★★★
★★★




(「玉川町」と書かれた旧住居表示の表札)


二子玉川界隈を歩いていると、「玉川町」と書かれた地番表示のみの旧住居表示の表札がありました。
旧住居表示 二子玉川散策再訪3
(旧住居表示のため現在の場所を特定することは困難ですので全住所を開示しています)


参考記事:この他に、旧住所表示の表札について書いた記事として、以下の記事があります。

(1)「區森大」の表札について書いた記事


(2)渋谷区が東京都(当時は「東京市」)に編入される以前の旧住居表示について書いた記事

(3)「區谷四」の表札について書いた記事

(4)目黒区に衾町(ふすままち)があった当時の旧住居表示について書いた記事

(5)「區並杉」の表札について書いた記事

☆☆☆

(※)花街、廃線跡など特定の事象にスポットを当てた記事のカテゴリとして、「東京散歩(古道・暗渠・花街・戦争遺構・廃線跡など)」があります。


次回の記事では、二子玉川に残された花街の具体的な痕跡を見ていきます。


★★★
★★★


┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ       

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして7年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に東京散歩と株式投資で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、歴史や地形・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。

無断転載の禁止

本サイトの画像(トリミングを含む)、文章の無断転載を禁止します。 転載希望の方は下記メールフォームにてご連絡ください。

【保存版】損切りしない株式投資

【保存版】地域別(東京23区+近隣県)散策記事一覧

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: