fc2ブログ

記事一覧

タモリなど芸能人の自宅を探訪~八雲・東が丘・駒沢散策(4):藤あや子/坂本冬美/牧瀬里穂/ASAKA/カルーセル麻紀/笑福亭笑瓶/海軍軍医学校第二附属病院跡


「石原良純の自宅」と目黒区にかつて存在した「衾村」の痕跡を探訪しましたが、

今回は、目黒区八雲から東が丘を散策しながら、タモリ、笑福亭笑瓶、藤あや子、坂本冬美、牧瀬里穂、カルーセル麻紀など芸能人の自宅を探訪します(藤あや子、坂本冬美の自宅は目黒区柿の木坂にある)。


(※)他の芸能人・著名人関係の記事については、「芸能人・著名人関連のカテゴリ」がありますので、ご関心のある方はこちらを御覧ください。




★★★
★★★




(タモリの自宅)


目黒区八雲地区界隈に、お笑いタレント、司会者で、地形・地質などにも詳しいタモリ(本名:森田 一義(もりた かずよし))の自宅があります。

ネット上では住所まで特定されているタモリの自宅です。
タモリの自宅1 八雲・東が丘・駒沢散策4  タモリの自宅2 八雲・東が丘・駒沢散策4


入口には本名である「森田」の表札が、
タモリの自宅 表札1 八雲・東が丘・駒沢散策4


郵便受けには、同じく本名の「MORITA」の表札がありました。
タモリの自宅 表札2 八雲・東が丘・駒沢散策4


参考記事:タモリがよく行く、近所にあるバーガーショップについて書いた記事として、「【駒沢公園】タモリがよく行くバーガーショップ」があります。




★★★
★★★




(笑福亭笑瓶の自宅)


同じく八雲界隈には落語家・お笑いタレントとして活躍している、黄色の眼鏡がトレードマークの笑福亭笑瓶(本名:渡士 洋(とし ひろし))の自宅があります。

自宅の写真は、後日、掲載します。

笑福亭笑瓶
(出典:太田プロダクション)




★★★
★★★




(「東京府のマンホール」と「越境蓋」)


また、目黒通りにある「八雲歩道橋」(下の写真)の近くに
八雲歩道橋と東京府のマンホール 八雲・東が丘・駒沢散策4


「東京府」時代のマンホールが残っています。
東京府マンホール1 八雲・東が丘・駒沢散策4


中央には「東京府章」が刻まれています。
東京府のマンホール2 東京府章 八雲・東が丘・駒沢散策4


さらに、この近くには「県南水道仕切弁」と書かれた埼玉県県南水道組合のマンホールもありました。
県南水道仕切弁1 八雲・東が丘・駒沢散策4  県南水道仕切弁2 八雲・東が丘・駒沢散策4


このような区域外に設置されたマンホールは「越境蓋」と呼ばれ、

請負業者が他の担当している自治体のマンホール蓋を流用するなどの理由により稀に他の自治体のマンホールが置かれることがあり、これを「越境蓋」と呼んでいます。


参考記事:東大構内には「東京帝國大學」と書かれた戦前のマンホールが多数現存していますが、これについて書いた記事として「東大にもあった怨霊思想(散策)」があります。




★★★
★★★




(国立病院機構東京医療センター:海軍軍医校第二附属病院跡の碑)


タモリの自宅から「駒沢通り」を渡ると同じく目黒区の「東が丘」地区になり、
駒沢通り 八雲・東が丘・駒沢散策4


「国立病院機構東京医療センター」(旧国立東京第二病院)があります。
東京医療センター 八雲・東が丘・駒沢散策4


この「東京医療センター」の前身は「海軍軍医学校第二付属病院(並びに海軍第一療品廠、東京海仁会病院)」で、その石碑が駐車場の片隅に置かれています。
海軍軍医学校跡の碑1 八雲・東が丘・駒沢散策4


その石碑です。
海軍軍医学校跡の碑2 八雲・東が丘・駒沢散策4


石碑の裏には、昭和20年(1945年)11月に連合国軍により接収された経緯が刻まれています。
海軍軍医学校跡の碑3 八雲・東が丘・駒沢散策4


本ブログでは、太平洋戦争の戦争遺構についても扱ってきましたが、この碑も戦争遺構の一つと考えられます。


参考記事:築地市場にあった旧海軍関連の碑については『「銀座で唯一の踏切」を探して築地界隈を散策』を参照ください。





★★★
★★★




(東が丘:呑川柿の木坂支流の上流)


この目黒区東が丘地域には、「【柿の木坂】芸能人の自宅を探訪しながら、碑文谷・柿の木坂・野沢を散策(5)」で書いた「呑川柿の木坂支流」の上流部分がありました(現在は暗渠化され緑道になっています)。
柿の木支流の上流部分 八雲・東が丘・駒沢散策4



(藤あや子の自宅)


この柿の木坂エリアで、新たに演歌の2人の歌姫の自宅、「藤あや子の自宅」と「坂本冬美の自宅」を確認したので、本記事で掲載します。

まず、目黒区柿の木坂にある藤あや子の自宅です。手前に1棟、奥に1棟あり、自宅兼事務所として使用しているようです。
藤あや子の自宅 柿の木坂追記




★★★
★★★




(坂本冬美の自宅:藤あや子のご近所)


報道記事やラジオでの坂本冬美の発言によれば、

藤あや子と坂本冬美は徒歩1分の近所に住み、合鍵を持ち合っていたが、

坂本冬美が同じ「柿の木坂」内で引っ越したため、5分かかるようになり、これまでパジャマで行けたが、今は着替えないと行けなくなった、と語っています。

藤あや子と同じく、目黒区柿の木坂にある「坂本冬美の自宅」です。
坂本冬美の自宅1 柿の木坂追記  坂本冬美の自宅2 柿の木坂追記


入口には
坂本冬美の自宅 玄関 柿の木坂追記


「SAKAMOTO」と書かれた表札がありました。
坂本冬美の自宅 表札 柿の木坂追記


参考記事:目黒区柿の木坂にある芸能人・著名人の自宅を探訪した記事として以下のものがあります。






★★★
★★★




(牧瀬里穂の自宅)


目黒区東が丘界隈には、女優・牧瀬里穂の自宅があります。
牧瀬里穂の自宅1 八雲・東が丘・駒沢散策4  牧瀬里穂の自宅2 八雲・東が丘・駒沢散策4


「Makise」と刻まれた石の表札がありました。
牧瀬里穂の自宅 表札 八雲・東が丘・駒沢散策4




★★★
★★★




(ASKAの旧宅跡)


また、同じ東が丘地区にはASKA(本名:宮﨑 重明)の旧宅跡があります。
ASAKAの自宅跡 八雲・東が丘・駒沢散策4


覚醒剤取締法違反容疑での逮捕後売却され、現在は新たに建て直されて保育園になっています。


(カルーセル麻紀)


同じく目黒区東が丘界隈には、ニューハーフタレント・カルーセル麻紀(本名:平原 麻紀)の自宅があります。

旗竿地になっており入口しか見えません(旗竿地:道路(公道)に接する出入口部分が細い通路上の敷地になっていて、その奥に家の敷地がある形状の土地)。
カルーセル麻紀の自宅 八雲・東が丘・駒沢散策4




★★★
★★★




「C.MAKI 平原●●」と書かれた表札がありました(「平原」はカルーセル麻紀の本名)。
カルーセル麻紀の自宅 表札 八雲・東が丘・駒沢散策4


(2021年2月26日放送の)徹子の部屋で、(85歳の)次女(姉)と暮らしていると言っていましたので、「平原●●」はこの方の名前と思われます。

下の写真はこの自宅近くにあるカルーセル麻紀の事務所。
カルーセル麻紀 事務所1 八雲・東が丘・駒沢散策4  カルーセル麻紀 事務所2 八雲・東が丘・駒沢散策4


同じく徹子の部屋で、カルーセル麻紀は事務所兼衣裳部屋の家があると言っていました。

カルーセル麻紀は、おねえ系タレントの草分けで、時代の常識や価値観を変えさせ、マツコデラックスやIKKOという「おねえキャラタレント」が活躍する時代の先駆け的存在と言えるかと思います。


(※)他の芸能人・著名人関係の記事については、「芸能人・著名人関連のカテゴリ」がありますので、ご関心のある方はこちらを御覧ください。

☆☆☆

次回の記事では、「駒沢公園」と「駒沢大学」を散策します。


★★★
★★★


┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ       

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして7年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に東京散歩と株式投資で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、歴史や地形・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。

無断転載の禁止

本サイトの画像(トリミングを含む)、文章の無断転載を禁止します。 転載希望の方は下記メールフォームにてご連絡ください。

【保存版】損切りしない株式投資

【保存版】地域別(東京23区+近隣県)散策記事一覧

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: