FC2ブログ

記事一覧

茶屋坂隧道から目黒駅まで散策~三田用水跡・暗渠散策(7):防衛施設庁 艦艇装備研究所/茶屋坂隧道


代官山にある槍ヶ先交差点から戦艦大和の実験・研究が行われた「艦艇装備研究所」の周辺まで散策しました。

今回は、三田用水跡で最大級の遺構だった「茶屋坂隧道」跡から目黒駅まで散策します。




★★★
★★★




(迂回して防衛省敷地の向こう側に行く)


前回の記事で歩いた場所から迂回して防衛省敷地の向こう側に行きます。

途中には馬頭観音や道標史跡があります。
馬頭観音 三田用水散策7  道標 三田用水散策7


ここから先は、「戦艦大和の実験・研究が行われた施設~中目黒→恵比寿散策(最終回)」で散策した同じ道を逆方向に歩いています。

「防衛施設庁 艦艇装備研究所」入り口があります(目黒区中目黒2-2-1)。
艦艇装備研究所 三田用水散策7


下の写真は、恵比寿ガーデンプレイスの展望場所から撮影した、艦艇装備研究所にある大水槽で、ここで戦艦大和の実験・研究が行われたことは「戦艦大和の実験・研究が行われた施設~中目黒→恵比寿散策(最終回)」で書いた通りです。
艦艇装備研究所 大水槽 三田用水跡散策6




★★★
★★★




また、「艦艇装備研究所」の向かいには、芸能事務所である「渡辺プロダクション」の学校があります(渋谷区恵比寿南2-14-6)。
ナベプロ 三田用水散策7


さらに、防衛省の敷地で立入禁止の長い壁が続きます。
防衛省 立入禁止 三田用水散策7


やっと新茶屋坂に着きました。
新茶屋坂 三田用水散策7




★★★
★★★




このあたりのことは、『「唐沢寿明・山口智子夫妻の自宅」と「目黒のさんまの地」を探索~中目黒→恵比寿散策(2)』で書きましたので、詳しくはそちらを読んでいただきたいのですが、

この新茶屋坂には、三田用水を流すための「茶屋坂隧道」がありました。

現在は撤去され、「茶屋坂隧道の碑」があるのみです。
茶屋坂隧道の碑 三田用水散策7


この「茶屋坂隧道」も私はかつて見たことがあるのですが、当時は関心がなく写真を撮っていなかったことが悔やまれます。

下の写真は、この碑にある撤去される前の「茶屋坂隧道」を拡大したもの。
かつての茶屋坂隧道 三田用水散策7




★★★
★★★





(「茶屋坂隧道」後の三田用水跡を歩く)


『「唐沢寿明・山口智子夫妻の自宅」と「目黒のさんまの地」を探索~中目黒→恵比寿散策(2)』では、「茶屋坂児童遊園」の横の坂道を下って、「陸軍境界石」を見に行ったのですが、

今回の散策では、「茶屋坂隧道」から流れてきた三田用水跡を歩きます(下の写真)。
茶屋坂隧道後の三田用水跡 三田用水散策7


右手にはかつて茶屋坂隧道が架けられていた場所を見ることができます。ここに少しでも遺構の一部を残しておいて欲しかったですね。
茶屋坂隧道が架かっていた場所 三田用水散策7


歩いていくと、ここにも「境界石」がありました。
茶屋坂隧道後の境界石 三田用水散策7


目黒区の教育委員会がしたのでしょうか。境界石を保護している様子が窺えます。
保護されている境界石 三田用水散策7




★★★
★★★




(日の丸自動車学校から目黒駅へ)


歩いていくと、下の写真のように「日の丸自動車学校」の大きなビルが見えてきます。
日の丸自動車のビル 三田用水散策7


この「日の丸自動車学校」のビルの脇に「三田用水跡」の詳しい説明版が置かれています。どのような経緯でこの説明板が置かれたのか分かりませんがありがたいことです。
日の丸自動車脇 三田用水説明板 三田用水散策7


また、この「日の丸自動車学校」の道路を挟んだ向かいにある「三田公園」には「千代ヶ崎」の説明板があります。
三田公園 千代ケ崎の説明版 三田用水跡散策7


この説明板によれば、この地には肥前島原藩主松平主殿頭の抱屋敷があり、三田用水を利用した滝や池があったとのことです。

さて、「日の丸自動車学校」の脇の道を左に曲がります。
日の丸自動車脇の道 三田用水散策7




★★★
★★★




後ろを振り向くと、山手線からよく見える「巨大な球体」を見ることができます。
日の丸自動車 巨大な球体 三田用水散策7 


通常は「日の丸」由来の「赤い球体」ですが(下の写真)、
日の丸自動車学校 赤い球体 日の丸自動車学校ホームページ 三田用水散策7
(出典:日の丸自動車学校ホームページ)

私が行ったときは東京オリンピック仕様になっていました。




★★★
★★★




この道を歩いていくと、三田用水脇に植えられていたと思われる大きな木があり、
大きな木 三田用水散策7


境界石を見ることができます。
境界石 大きな木の通り 三田用水跡散策7


さらに進むと、三田用水跡の細長い空間と境界石がありました。
細長い空間 三田用水散策7  日の丸自動車後の境界石 三田用水散策7    


広い通り(目黒三田通り)に出て、左に曲がると、はんこ屋とモスバーガーがありますが(下の写真)、
はんこ屋とモスバーガー


このあたりが、三田用水の「水利組合」があった場所です。

公的機関が管理した玉川上水と異なり、三田用水は民間の水利組合が管理したため、


このモスバーガー少し先には「目黒駅」があります。

☆☆☆

次回の記事では、三田用水跡散策シリーズの最終回として港区白金台まで歩きます。


★★★
★★★


┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ       

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして6年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に東京散歩と株式投資で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、歴史や地形・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。

無断転載の禁止

本サイトの画像(トリミングを含む)、文章の無断転載を禁止します。 転載希望の方は下記メールフォームにてご連絡ください。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: