FC2ブログ

記事一覧

新型コロナウィルスで思うこと

今回は、日本だけでなく世界中で問題になっている「新型コロナウィルス」について思うことを書いてみたいと思います。



★★★
★★★



(真理は変わらない:「病」と共存する覚悟が必要)



1980年に、WHO(世界保健機構)が長年人類を苦しめ続けた天然痘の撲滅宣言を発出しましたが、

その1年後の1981年に、人類が経験したことのない新たな感染病であるエイズの患者が米国防疫センター(CDC)で最初に報告されたこと、

そして、この象徴的な事例が示すように、

お釈迦様が何千年も前に悟ったとされる「生老病死」(人生で避けて通ることのできない4つの根源的な苦しみ)の真理は、

科学や技術が格段に発達した現代であっても変わらないこと、を書きました(下の写真は、ブッダ像)。
ブッダ像 新型コロナウィルス
(出典:Wikipedia)


つまり、どんなに科学や技術が発達しても「生老病死」は普遍的に存在し続けるということです。

☆☆☆

天然痘撲滅に前後してエイズが現れたように、

「新型コロナウィルス」の治療薬やワクチンができても、また新たな「病」が発生すると思います。

もちろん、「新型コロナウィルス」によって医療崩壊や経済崩壊(*)が起きないよう、また被害を最小限にするよう最善の努力はすべきですが、

医学がどれだけ発達しても「病」はなくならないので、

「病と共存する」術を身につけること、「新型コロナウィルス」と共存する(撲滅させることはできない)ことを覚悟することが中長期的には必要だと思います。

(*)株式市場はかなり混乱しており、私のポートフォリオ(持ち株)もダメージを被っていますが、これについては別の機会に書きたいと思います。



★★★
★★★



(「便利」の裏には「「不便」がある)


私の好きな言葉に「二つ良いこと、さてないものよ」という言葉があります(鎌倉時代初期の僧侶・明恵(みょうえ)の言葉だそうです)。

今回、「新型コロナウィルス」が爆発的に拡散した背景には、飛行機などの輸送手段の発達によって人の移動が活発になったことがあります。

飛行機などの輸送手段は「便利」ですが、その裏には「不便」もあるわけで、

コインの裏表のように、

「良いこと」の裏には「悪いこと」があり、

逆に、

「悪いこと」の裏には「良いこと」がある、

と考えることも大事だと思います。

★★★
★★★

┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ  

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして4年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に東京散歩と株式投資で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、歴史や地形・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。

本サイトの画像(トリミングを含む)、文章の無断転載を禁止します。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: