FC2ブログ

記事一覧

失われゆく三田用水遺構を歩く~港区白金台・三田用水跡(1)

今回は、開発により数年後には喪失してしまう恐れのある、港区白金台の三田用水跡を散策してみます。

なお、東京都内の流路を辿った記事としては、「洗足池の源流を探る(暗渠散歩):清水窪湧水/清水窪流れ」がありますので、ご関心のある方はこちらもお読みください。



★★★
★★★



(歴史の痕跡が失われてきている)



歴史のほうから押し寄せてくるような京都散策や鎌倉散策と異なり、東京散策は隠れている歴史(歴史の痕跡)を探し出す面白みがあるのですが、

その数少ない歴史の痕跡が開発の波の中で知らないうちになくなってきています。

例えば、

「港区白金・広尾・プラチナ通りを歩く(1)」でご紹介した、プラチナ通りの裏手にあった戦前からの洋館ですが(下の写真)、
プラチナ通り裏にあった洋館 白金台三田用水記事1


先日歩いていると既に取り壊されていました(下の写真)。
プラチナ通りの洋館跡地 白金台三田用水記事1


この記事で書いたように、米軍が占領後の将校宿舎を確保するために、この付近の爆撃を避けていたのですが、

その遺構が一つなくなりました。

さらに、もう一つ例を挙げると、1980年代の横浜再開発時に歩道に設置された絵タイルです。

石川町・関内・桜木町周辺の歩道にある絵タイルを見ながら歩くのが楽しいのですが、つい最近、下の写真のような素晴らしい絵タイルが取り壊されていました。
絵タイル 出典:横浜シティーガイドクラブ 白金台三田用水記事1
(出典:横浜市シティーガイドクラブHP)



★★★
★★★



本ブログの「東京散歩」でご紹介するような「歴史の痕跡」は、文化財に指定されるような重要な遺構ではないため、開発の中で簡単になくなってしまうものが多いのです。

このような中、港区白金銀台にある三田用水跡が、環状4号線の建設により、今後数年のうちになくなる可能性がでてきました(下の写真)。
環状4号線計画 白金台三田用水跡記事1
(出典:東京都第一建設事務所工事課)

このため、せめて写真に撮って、本ブログに記録として残すために現地に行ってきました。


(三田用水とは?:自然の川と人工の川)


川には大きく分けて2つの種類があります。

①一つは、自然にできた川で、これは谷筋を流れます。

②もう一つは、人工的に作られた川で、尾根筋を流れます。

「三田用水」は②の人工的に作られた川で、窪地を避けながら、渋谷区笹塚から東大駒場の脇を通り港区高輪台まで、高台の尾根筋を縫うように流れていました(下の写真)。
三田用水全図 白金台三田用水記事1
(出典:東京「暗渠」散歩(215ページ)。洋泉社、本田創編著。筆者が加工)



★★★
★★★



「玉川上水」も人工的に作られた川ですが、

電力のなかった江戸時代は、電力で水を汲み上げて下に流すことができなかったため、

できる限り標高を維持するために尾根筋に水を通し、そこから水を下に流して市民や農民に水を供給する必要がありました。

このため、「玉川上水」や「三田用水」は標高の高い尾根筋を通っています。

また、「三田用水」は、明治以降、火薬庫のある軍事施設やビール用水(ヱビスビール)としても使われました(下の写真は、恵比寿にあった当時のビール醸造所を描いた絵)。
当時のヱビスビール醸造所 白金三田用水記事1
(出典:ヱビスビール記念館。撮影は許可されています)

しかし、電気の普及や宅地化によって、戦後、「三田用水」は廃止され、現在はわずかな痕跡が残るのみとなりました。



★★★
★★★



(白金台の三田用水跡を散策)


三田用水の遺構を探すために、都営浅草線の高輪台駅から出発します。

A06出口を出て、
高輪台駅 白金台三田用水記事1


桜田通を左に行くと、斜め左に入る路地がありますので、ここを入っていきます。
高輪台駅そばの路地 白金台三田用水記事1

すると、下の写真のような家があり、そこに三田用水の「境界石」があります。
最初の境界石1 白金台三田用水記事1  最初の境界石2 白金台三田用水記事1


三田用水に関する本やネット情報では、「道沿いに三田用水が流れていた」と説明しているものがありますが、実際には、道沿いの家の裏手に三田用水が流れていました。

この道を歩いていきます。

右手の路地を見ていくと、

下の写真のような「不自然な長方形の空間」があったり(ここにも「境界石」があります)、
不自然な長方形 白金台三田用水記事1


「不自然に盛り上がった場所」がありますが、これらは「三田用水」の痕跡と考えられます。
不自然に盛り上がった場所 白金台三田用水記事1



★★★
★★★



(三田用水境界石)


ところで、三田用水境界石ですが、「めぐろ歴史資料館」(下の写真)の入り口に、

掘り出された境界石が置かれています。
境界石展示 白金三田用水記事1


その説明板によれば、「地上に出ていたのは約20cmですが、基礎部分は90cm以上埋められていた」とのことで、大変長いものであったことがわかります。



★★★
★★★



また、以前歩いたときは、「環状4号線反対」の張り紙を多く見かけたのですが、今回はこのような反対の張り紙がありませんでした。
反対の張り紙 白金台三田用水記事1


開発側と折り合いがついて、開発に賛同するようになったのでしょうか。

☆☆☆

しばらく歩くと、二股に別れますが、右の道に入ります。
二股に分かれる道 白金台三田用水記事1


この道沿いにも、多くの「境界石」を見ることができます。

すると、下の写真のような「今里地蔵」の祠が見えてきます。
今里地蔵 白金三田用水記事1

☆☆☆

「今里地蔵」の「今里」は、飲食店の「今半」と深い関係があるのですが、これについては次回の記事に書きたいと思います。

★★★
★★★

┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ  

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして4年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に東京散歩と株式投資で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、歴史や地形・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。

本サイトの画像(トリミングを含む)、文章の無断転載を禁止します。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: