FC2ブログ

記事一覧

横浜山手で歴史に思いを馳せる(1):荻野アンナの自宅/石川代官所/クリフサイド/元町百段公園

横浜山手の散策シリーズとしては、

前々回の『「君が代」の視点からの「横浜山手散策」』シリーズ、前回の「湧水」の視点からの「横浜山手の湧水探訪」シリーズの2つの散策シリーズがありましたが、

今回は「歴史」の視点からみた横浜山手を散策してみたいと思います。

横浜は東京と違って、幕末からの短い歴史しかありませんが、それでも多くの興味深い史跡があります。

なお、洋館巡りという定番コースは、すでに素晴らしいサイトが多くありますので、今回は洋館以外の史跡を巡ります。



★★★
★★★



(旧石川代官所長屋門)


「麒麟麦酒発祥の地を巡りながら横浜山手の湧水を探訪する(最終回)」で散策した「代官坂」を下っていくと、代官坂の名前の由来となった「旧石川代官所長屋門」があり、
旧石川代官所長屋門 横浜山手歴史記事


そこに置かれている説明板には、「この地に横浜村名主石川徳右衛門が居住していたこと」、「ペリーがこの屋敷を訪れ、石川徳右衛門が饗応したこと」が書かれています。
旧石川代官所 説明板 横浜山手歴史記事


なお、石川家は現在でも存在し、この史跡の近くに子孫の方が住んでいます。


(クリフサイド:石原裕次郎が通ったダンスホール)


この「旧石川代官所長屋門」の近くに「代官坂トンネル」がありますが、
代官山トンネル 横浜山手歴史記事


この「代官坂トンネル」の入口付近に、昭和21年(1946年)創業の老舗ダンスホール「クリフサイド」があります。
クリフサイド 横浜山手歴史記事


石原裕次郎など多くの俳優が来たり、映画などのロケ地になったり、小説の舞台にもなりました。



★★★
★★★



クリフサイドはNHKの朝ドラ「純情きらり」のロケ地にも使われました。

一世を風靡した「クリフサイド」ですが、私が行ったときは寂れていて閉店しているような佇まいでした。

また、横浜山手に住んでいる荻野アンナが「クリフサイドの青春」というエッセイを書いています。


(荻野アンナの自宅)


フランス文学者でタレントの荻野アンナは、山手にある「フェリス女学院」を卒業していますが、その自宅(下の写真)が「フェリス女学院」の近くにあります。
荻野アンナ自宅 横浜山手歴史記事


表札には、「荻野」の姓と、画家である母親(江見絹子)の「江見」の姓が書かれています。
荻野アンナ自宅 表札 横浜山手歴史記事



★★★
★★★



(元町百段公園)


「代官坂」近くの「汐見坂」脇にある「高田坂」を下っていくと「元町百段公園」があります。
元町百段公園1 横浜山手歴史記事  元町百段公園2 横浜山手歴史記事


明治大正期に山手と元町を結ぶ「元町百段」という階段があり、大変眺望の良いところだったそうです。

下の写真はアメリカ山公園にある外国人居留地の地図ですが、百段階段が描かれています。
アメリカ山公園にある外国人居留地の地図 横浜山手歴史記事


2つの階段らしきものがありますが、「元町百段」は直線であったこと、中村川に架かる前田橋のそばにあったことから手前(左側)の階段が「元町百段」と考えられます。

また、前田橋のそばには下の写真のような金属プレートが設置されており、往時の「元町百段」を偲ぶことができます。
元町百段プレート1 横浜山手歴史記事  元町百段プレート2 横浜山手歴史記事



★★★
★★★



(霧笛楼の煉瓦)


この前田橋の近くには、「外国人居留地の面影を探しながら横浜山手の湧水を探訪する(2)」で通り過ぎた、高級フランス料理点の「霧笛楼」があり、
霧笛楼 横浜山手歴史記事


この霧笛楼には、同じく「外国人居留地の面影を探しながら横浜山手の湧水を探訪する(2)」でご紹介したジェラールが製造した瓦が置かれています。
霧笛楼 ジェラールの瓦 横浜山手歴史記事


また、霧笛楼ではこの瓦を模したお菓子(横濱仏蘭西瓦)を販売しています。
霧笛楼 横濱仏蘭西瓦 横浜山手歴史記事


さらに、仏像彫刻家・竹林昭吉の作品「ファニーの像」も置かれています。洋風のようでどこか和風のイメージがある不思議な作品です。
霧笛楼 ファニーの像 横浜山手歴史記事

☆☆☆
次回は「唐人お吉」が住んでいた下田長屋などを散策します。

★★★
★★★

┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ  

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして4年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: