FC2ブログ

記事一覧

「丸ビル36階のフランス料理」と「ミニ丸の内散策」:モナリザ(1)


「丸ビル・新丸ビルレストラン・カフェ」シリーズの第4弾です。

多くの写真を使用するため、2回に分けて記事を掲載します。



★★★
★★★



(モナリザ)


「モナリザ」の入り口です。モナリザの絵が出迎えてくれます。
入り口 モナリザ

「モナリザ」で使われている食器はオーナーシェフの河野透のオリジナルデザインですが、それら食器が壁に飾られています。
お皿の装飾 モナリザ


料理だけでなく食器も楽しんで下さいとのことです。

店内の様子です。
店内の様子 モナリザ


「モナリザ」は「丸ビル35階のフレンチレストランでランチ:サンス・エ・サヴール」でご紹介した「サンス・エ・サヴール」の1階上の丸ビル36階のほぼ同じ位置にありますので、

皇居がよく見渡せます。
皇居が見える展望 モナリザ


しかし、外が見渡せる席はかなり前から予約しないと取れないそうで、1周間前に予約した私達はこの席には座れませんでした。

テーブルの上はこのように綺麗にセッティングされていました。
テーブルセッティング1 モナリザ  テーブルセッティング2 モナリザ



★★★
★★★



(ドリンク)


ドリンクとして、グラスの赤ワイン(ピノ・ノワール。1000円、税・サービス別。以下同じ)、
赤ワイン モナリザ  


ブラッドオレンジジュース、
ブラッドオレンジジュース モナリザ


「季節のフルーツを使ったシャンパンカクテル」(1200円。このときの季節のフルーツはシャインマスカットでした)を注文しました。
シャンパンカクテル1 モナリザ


中にあるゼリーや果物はスプーンで取って食べます。
シャンパンカクテル2 モナリザ


飲み物を注文すると料理のメニューが運ばれてきました。5300円、6500円、10000円の3つのコースがあります。


(アミューズ・ブーシュ)(パン)


「コース料理は1組1コースのご注文をお願いいたします」となっていましたので、私達は6500円のコースにしました。
メニュー モナリザ


アミューズ・ブーシュが運ばれてきました。
アミューズ・ブーシュ1 モナリザ  アミューズ・ブーシュ2 モナリザ


2つのガラスのお皿の間に、スタッフが花びらを並べており、それぞれのお皿で花びらの配置が異なります。

手の凝った料理に驚きました(このような手の凝った料理はその後も続きます)。

パンですが、モナリザの焼印が押されています。スタッフが1つ1つ焼印を押しているとの説明がありました。
パン1 モナリザ



★★★
★★★



(前菜)


「真っ赤なガスパッチョとサザエ」の前菜が運ばれてきました。
ガスパッチョとサザエ1 モナリザ  ガスパッチョとサザエ2 モナリザ


サザエの中にあるガスパッチョをかけると下の写真のようになりました。
ガスパッチョとサザエ3 モナリザ


もう一つの前菜である、「万願寺とうがらしとオマール海老のパエリア」です。
万願寺とうがらしとパエリア1 モナリザ


このお皿の上の部分には「モナリザ」から見える景色が描かれています。「モナリザ」の窓からは、天気がいいと富士山も見えるそうです。
万願寺とうがらしとパエリア2 モナリザ


(主菜)


主菜の「マゴチのエスカロップ」が運ばれてきました。
マゴチのエスカロップ モナリザ


3つ目のパンであるミルクをたっぷりと使ったパンが運ばれてきました。
パン2 モナリザ


次は肉の主菜の1つである、「仔鴨胸肉」が来ました。
仔鴨胸肉 モナリザ


もう一つの肉の主菜、「牛ロース肉のポアレ」です。赤ワインソースが大変美味しく、残ったソースはパンにつけて味わいました。
牛ロース モナリザ


肉の主菜はそれぞれシェアしながら食べました。

☆☆☆
次に出てくる口直しのスープ・デザートは次回に続きます。また、食事後は「プチ丸の内散策」をしてみます。

★★★
★★★

┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ  

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして4年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: