FC2ブログ

記事一覧

銀座の野菜栽培と100万円の万年筆~銀座散策~神社・裏路地巡り(3):伊東屋野菜工場/銀座発祥の地碑/ヨネイビル/奥野ビル

前回の「銀座散策~神社・裏路地巡り(2)」では、幸稲荷神社から裏路地を通り、

銀座のシンボルである柳を見て、中央通りまで来ました。

今回は、中央通りの銀座2丁目交差点から出発します。



★★★
★★★



(ラグジュアリ交差点)


前回の記事でご紹介した「日本最初の電気街灯建設の地」の鉄柱があるところは、「銀座2丁目交差点」ですが、
銀座2丁目交差点 銀座散策(3)


この交差点の四隅には、

前回の記事で書いた「電灯建設のプレート」がある「カルティエ」の他に、
カルティエ 銀座散策(3)  


「シャネル」、「ルイヴィトン」、「ブルガリ」の高級店舗があり、まさに「ラグジュアリ交差点」といった趣です(^^
シャネル 銀座散策(3)  ルイ・ヴィトン 銀座散策(3)  ブルガリ 銀座散策(3)


(伊東屋)


この「ラグジュアリ交差点」を渡り北に向かと、明治37年(1904年)創業の老舗文具店・伊東屋があります。
伊東屋 銀座散策(3)


伊東屋は1階から8階が文房具売場ですが、
伊東屋 フロアプラン 銀座散策(3)


3階の高級筆記具売り場では、100万円の万年筆が販売されていました(^^
伊東屋 100万円の万年筆 銀座散策(3)


また、この「伊東屋」の11階には野菜工場があります。土を使用しない水耕栽培で野菜を育てています。
伊東屋 野菜工場 銀座散策(3)


ここで収穫された野菜は12階のレストラン「カフェ スティロ」(下の写真)で使われているそうです。
伊東屋 カフェ・スティロ 銀座散策(3)


「カフェ スティロ」については別記事で詳しく書く予定です。

なお、この伊東屋では文房具売場・レストランともお客の半数以上が外国人でした。



★★★
★★★



(銀座発祥の地碑)


さらに進むと、ティファニー店の前に、「銀座発祥の地」碑があり、
銀座発祥の地碑 銀座散策(3)


「慶応17年(1612年)銀貨幣鋳造の銀座役所を設置した」ことが書かれています。

しかし、寛政12年(1800年)に不正事件が発生したため、この銀座役所は日本橋蛎殻町に移されました。

その説明板が日本橋蛎殻町(かきがらちょう)にあります(下の写真)。
蛎殻町銀座 銀座散策(3)


そういう点では、正統な銀座は日本橋蛎殻町なのかもしれません。


(英国屋脇の裏路地)


ティファニーと英國屋の間にある細い路地を入っていきます。
英国屋脇の裏路地1 銀座散策(3)  英国屋脇の路地2 銀座散策(3)


一見すると「入れるのかな?」と思うほどの狭い路地ですが、銀座にはこのような裏路地が多くあり、銀座の裏路地歩きは冒険的な面白さがあります。



★★★
★★★



(ヨネイビル)


この路地を出ると「あずま通り」があり、左に行くと、右手にレトロな「ヨネイビル」があります。
ヨネイビル1 銀座散策(3)


この建物は「東京都選定歴史的建造物」に指定されています。
ヨネイビル2 銀座散策(3)


私が行ったときは、「KUROSAWA FILM  STUDIO」と書かれた車が建物の横に駐車していましたので、このビル内で撮影が行われていたと思われます。
ヨネイビル3 銀座散策(3)


(奥野ビル)


さらに進むと、父娘争いで一時話題になった「大塚家具」の銀座本店があり、
大塚家具本店 銀座散策(3)


一つ横にある「銀座三原通り」に入ると、ここにもレトロな「奥野ビル」があります。
奥野ビル 銀座散策(3)


奥野ビルには、ギャラリー・骨董店などの芸術関連の店が多く入っています。

エレベーターは手動で動くエレベーターです。
奥野ビル エレベーター1 銀座散策(3)

扉の開閉を手動で行うようにとの注意書きがありました。
奥野ビル エレベーター2 銀座散策(3)

☆☆☆

次回は、銀座に2つある銭湯の一つを巡り、銀座の下町的な界隈を歩きます。なお、銀座散策の次回記事は4~6週間後に再開予定です。

(投資関連の参加カテゴリの変更)

次次回から、一定の期間、「レストラン、カフェ」を中心にした記事を掲載します。
その期間中は、「投資関係の参加カテゴリ」を「グルメ関連の参加カテゴリ」に変更します。
その後も掲載テーマによってカテゴリの変更を行う予定です。
ただし、「歩く旅」「町並み巡り」の参加カテゴリについては変更しません

★★★
★★★

┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ  

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして4年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: