FC2ブログ

記事一覧

日本の金融街を歩く(平成通り散策):東京証券取引所/銀行発祥の地

前回の「平成通りを歩く(2)」では、築地橋を渡り「救世軍渡来記念の碑」まで歩きました。

「「銀座で唯一の踏切」を探して築地界隈を散策」で始まった「平成通りを歩く」シリーズの最終回として、今回は兜町の鎧橋(よろいばし)まで散策します。

金融の街にふさわしく、途中には「東京証券取引所」をはじめとして、金融関係の関連施設・史跡が多くあります。


☆☆☆
☆☆☆


(新富座跡)


平成通りを隔てた向かい側は現在工事中になっていますが、ここはかつて「新富座」があった場所で、
平成通りを歩く 新富座跡 


明治時代、国内外の要人が訪れ、日本で初めて夜芝居興行が行われたりしました。

工事前は「新富座跡」の説明板があったので、工事の壁にその説明が貼ってあるかと思ったのですが、何の説明もありませんでした。

工事が終われば、説明板が復活することを期待しています。


(新富消防地蔵尊)


更に進むと、十字路にローソンがありますが、そのローソンの脇に「新富 消防地蔵尊」があります。
平成通りを歩く 消防地蔵尊1 


死亡者も出た出火跡地に消防署出張所が建てられたが、消防隊員に負傷者が続発したり、「非番なのに望楼にこつこつと登る音がする」「夜中に泣き声がする」などの噂がたったため、この地蔵尊を建立したことが書かれています。
平成通りを歩く 消防地蔵尊2  平成通りを歩く 消防地蔵尊3 説明板


(八丁堀の旦那たち)


この後は、しばらくの間、さしたる見どころがないのですが、歩いている一帯は「八丁堀」で、江戸庶民から「八丁堀の旦那」と呼ばれた、町奉行の与力・同心が住んでいた場所です。

下の写真は、「現在の八丁堀の旦那(?)」である「八丁堀交番」。
平成通りを歩く 八丁堀交番 


☆☆☆
☆☆☆


(兜町・茅場町まちかど展示館:金融街にちなんだ珍しい展示品)


東京証券取引所が近づいてきましたので、このあたりから「証券会社」の看板が目に入るようになります。
平成通りを歩く 証券会社1  平成通りを歩く 証券会社2


しばらく行くと左手の坂本公園の中に「兜町・茅場町まちかど展示館」があります。
平成通りを歩く 兜町・茅場町まちかど展示館 


東京証券取引所がある兜町(金融街)らしく「兜」を掲げた山車、「日本銀行」の名が書かれた法被(はっぴ)など珍しい展示品をみることができます。
平成通りを歩く 兜町・茅場町まちかど展示館 兜町山車  平成通りを歩く 兜町・茅場町まちかど展示館 日本銀行の法被


(東京証券取引所)


永代通りとの交差点を渡ると、日本の金融街の中心地である「東京証券取引所」があります。下の写真(左)は現在の東京証券取引所、右は昭和57年(1982年)に解体された、かつての東京証券取引所(出典:「東京人no213」(東京出版株式会社))です。
平成通りを歩く 東京証券取引所  平成通りを歩く かつての東京証券取引所


かつての東京証券取引所は圧倒的な迫力を持った建物だったようです。

「東京証券取引所」は平日の9:00~16:30まで見学(無料)することができますので、見学してみましょう。

入り口は裏にある「西口」です。
平成通りを歩く 東京証券取引所 西口 


荷物などのセキュリティ・チェックを受けて入ります。
平成通りを歩く 東京証券取引所 セキュリティチェック 


1階には「証券資料ホール」があります。結構見ごたえのある資料館です。
平成通りを歩く 東京証券取引所資料ホール1  平成通りを歩く 東京証券取引所 資料ホール2


2階に上がると、経済ニュースなどでよく見かける風景を見ることができます。
平成通りを歩く 東京証券取引所 2階1  平成通りを歩く 東京証券取引所 2階2


私は株式投資をやっていますので、日経平均がどうなっているのか見てみると、「+57.63」とやや上昇していました(^^


☆☆☆
☆☆☆


(銀行発祥の地)


この「東京証券取引所」西口を出て左に行くと、みずほ銀行があります。
平成通りを歩く みずほ銀行 


どこにでもあるようなごく普通の銀行支店ですが、ここは明治6年(1873年)に我が国最初の銀行である第一国立銀行が創立された場所です。
平成通りを歩く 銀行発祥の地 


(鎧橋)


平成通りに戻って「鎧橋」(よろいはし)に進みます。
平成通りを歩く 兜橋1 


この橋は日本橋川にかけられた橋ですが、かつては橋がなく、船渡しであったことなどの説明が書かれています。
平成通りを歩く 兜橋2 


ここで平成通りは終わりますが、この「鎧橋」をわたって「ぺんてる本社」まで行ってみます。


(ぺんてる本社)(イタリアンレストラン)


「鎧橋」を渡ると、すぐに「ぺんてる本社」があります。
平成通りを歩く ぺんてる本社 


文具メーカーの会社らしく、会社脇に設置されたオブジェが鉛筆の形になっています。
平成通りを歩く ぺんてる本社2 


なお、この近くには「兜町界隈のイタリアンでランチ」でご紹介したイタリアンレストラン「ロットチェント」があります。
平成通りを歩く ロットチェント 


☆☆☆
☆☆☆

これで「平成通りを歩く」シリーズは終了します。ここまでお読みいただきありがとうございました。

┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ  

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして4年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: