FC2ブログ

記事一覧

兜町界隈のイタリアンでランチ:ロットチェント(L’ ottocento)

兜町の東京証券取引所から近いところにあるイタリアンレストラン・ロットチェント(中央区日本橋小網町 11-9。茅場町駅・水天宮駅・人形町駅から徒歩で5~6分)でランチを食べましたので、そのご報告です。
兜町界隈 ロットチェント1  兜町界隈 ロットチェント2 


ロットチェントとはイタリア語で1800年代の意味で、

イタリアの国家統一がなされ、食文化、外食が盛んになった時代をイメージし、皆でワイワイしながら食事を楽しめるレストランにしたいと名付けたそうです。


☆☆☆
☆☆☆


休日の11時半ごろに行きましたが、すでにこのような混み具合で少し待ちました。
兜町界隈 ロットチェント 混み具合 


テーブルにはデニムのランチョンマットが敷かれています。
兜町界隈 ロットチェント ランチョンマット 


このお店は、アロハデニムという会社とコラボしていて、お店のいたるところにデニムがあります。
兜町界隈 ロットチェント デニムとのコラボ 


待っている間にランチ(「メカジキのトラパネーゼ」と「戦場の牛すじクリスマス」)を注文しました。
兜町界隈 ロットチェント メニュー 


席につくと、焼き立てのパンが運ばれてきて、
兜町界隈 ロットチェント 焼き立てのパン 


しばらくすると、注文したランチが運ばれて来ました(左が「メカジキのトラパネーゼ」、右が「戦場の牛すじクリスマス」)。
兜町界隈 ロットチェント メカジキのトラパネーゼ  兜町界隈 ロットチェント 戦場の牛すじクリスマス


「戦場の牛すじクリスマス」という珍しい名前でしたので、その訳を聞いたところ、昭和58年(1983年)公開の大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」をもじって名前を付けたのだそうです。

ロック歌手のデビット・ボウイ、作曲家の坂本龍一が主役となった映画で当時話題になりましたが、この名前をつけた人は私と同じ年代の方でしょうね(^^

太めの変わったパスタでしたので聞いたところ、シチリア料理だそうで、香辛料が程よく効いています。

お皿などの陶器も洒落ていて、ポーランド製のハンドメイドの陶器でした。
兜町界隈 ロットチェント ポーランド製陶器 


辛味ソースと追加のパンです。
兜町界隈 ロットチェント 辛味ソース  兜町界隈 ロットチェント おかわりのパン


最後にイタリア風のアイスクリームが出てきました。
兜町界隈 ロットチェント アイスクリーム 


支払いは欧米のレストランのようにテーブルで行います。
兜町界隈 ロットチェント 支払い 

料理の味だけでなく、お店の雰囲気、お皿など、一味違ったイタリアンレストランでお昼を楽しむことができました。

帰りは株取引の総本山・東京証券取引所の前を通り、
兜町界隈 東京証券取引所 


この兜町界隈の証券関係者がお参りする摂社日枝神社でお参りしてきました。
兜町界隈 摂社日枝神社 


☆☆☆
☆☆☆


┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ  

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: