FC2ブログ

記事一覧

学研本社があった「学研通り」を散策~夫婦坂→久が原→池上本門寺散策(1)

今回は、大田区北西部(夫婦坂→久が原→池上本門寺)を散策してみます。目立たない地域ですが、意外と見どころの多いエリアです。次の3つのサブシリーズに分割して散策する予定です。① 学習研究社の本社があった「上池台散策サブシリーズ」② 渡哲也などの著名人や大企業の社長の自宅がある「久が原散策サブシリーズ」③ 力道山の墓所などがある「仲池上→池上本門寺散策サブシリーズ」と歩いていきます。★★★ ★★★(長原駅→夫婦坂)...

続きを読む

四谷怪談のお岩の伝承・於岩稲荷田宮神社を参拝~見どころの多い中央区新川を散策(4):越前堀公園/於岩稲荷田宮神社/田宮稲荷神社

前回の「新川跡をたどる(暗渠散歩)~見どころの多い中央区新川を散策(3)」では、新川の地名の由来となった新川跡をたどりました。今回は、四谷怪談のお岩の伝承の元となった於岩稲荷田宮神社まで歩いてみます。☆☆☆(参考:今までの日本橋地区の散策記事)日本橋散策については、今までに以下の4つのサブシリーズを掲載してきました。①「日本橋堀留町・小舟町散策サブシリーズ」:江戸時代に大変賑わい、浅草寺の大提灯にその...

続きを読む

「漫画の聖地で喫茶を楽しむ」と「トキワ荘マンガミュージアム」:ふるいち トキワ荘通り店/帝銀事件の現場跡

今回は豊島区椎名町にある「トキワ荘マンガミュージアム」に隣接する「ふるいち トキワ荘通り店」の喫茶と「トキワ荘マンガミュージアム」のご紹介です。★★★ ★★★(ふるいち トキワ荘通り店)「ふるいち トキワ荘通り店」は令和2年(2020年)7月7日に開館した「トキワ荘マンガミュージアム」のすぐ近くにあるブックカフェです(豊島区南長崎3-9-21)。入口は2つあり、下の写真左が「ふるいち トキワ荘通り店」のトキ...

続きを読む

【新川】「永代橋」周辺を散策~見どころの多い中央区新川を散策(2):江戸時代の永代橋はどこに架けられていた?/赤穂義士休息の地

前回の「【新川】江戸時代の埋蔵金を発見!!~見どころの多い中央区新川を散策(1)」では、茅場町駅から霊岸橋を渡り、江戸時代に埋蔵金のあった場所(日清オイリオ本社)を経て、旧山一證券跡地まで歩きました。今回の記事では、中央区と江東区の区境になっている隅田川に架かる「永代橋」周辺を散策してみます。☆☆☆(参考:今までの日本橋地区の散策記事)日本橋散策については、今までに以下の4つのサブシリーズを掲載して...

続きを読む

【新川】江戸時代の埋蔵金を発見!!~見どころの多い中央区新川を散策(1)

日本橋の各エリアの散策記事を掲載中ですが、前回の「【日本橋】橋梁としての日本橋探索(最終回)」で、橋としての日本橋シリーズを終了しました。今回からは、日本橋の番外編として、中央区の新川地区を散策してみます。日本橋と比べると存在感の少ない新川地区ですが、散策すると多くの見どころを見つけることができるエリアです。★★★ ★★★(参考:今までの日本橋地区の散策記事)日本橋散策については、今までに以下の4つの...

続きを読む

【日本橋】橋梁としての日本橋探索(最終回):高札場/罪人の晒し場/熈代勝覧/今川橋

前回の「【日本橋】橋梁としての日本橋探索(2):麒麟像・獅子像/焼夷弾の跡/日本橋魚河岸」では、麒麟贈・獅子像、焼夷弾の跡、日本橋魚河岸について見てきました。今回は、「橋梁としての日本橋サブシリーズ」の最終回として、「花の広場」、「滝の広場」、「熈代勝覧(きだいしょうらん)」を見ながら、江戸時代からの歴史の継続性について考察してみます。☆☆☆【参考:今までの日本橋散策シリーズまとめ】日本橋散策について...

続きを読む

「お寺」と「ゲイタウン」~新宿2丁目散策(2):成覚寺/正授院

※本記事内容は、新型コロナウィルスが蔓延する以前に訪れたときの様子を書いたものです。したがって、現在の様子と異なる可能性があります。☆☆☆前回の『「お寺」と「ゲイタウン」~新宿2丁目散策(1):太宗寺』では、新宿2丁目にある「太宗寺」を訪れ、お寺とゲイタウンが隣り合わせに接していることを見てきました。今回は、新宿2丁目のゲイタウンを歩いた後、「成覚寺」、「正授院」を訪れ、「聖」と「俗」は切り離されたも...

続きを読む

【日本橋】橋梁としての日本橋探索(2):麒麟像・獅子像/焼夷弾の跡/日本橋魚河岸

前回の「【日本橋】橋梁としての日本橋探索(1):元標の広場/道路元標」では、道路の真ん中に置かれた道路元標や首都高速道路にある道路元標を見てきました。今回は、麒麟贈・獅子像、焼夷弾の跡、日本橋魚河岸について見ていきます。★★★★★★ (麒麟像・獅子像:阿吽)日本橋には、麒麟像(下の写真左)、獅子像(下の写真右)が置かれています。  神社に置かれている一対の狛犬は、一方が口を開け、もう一方が口を閉じてい...

続きを読む

「お寺」と「ゲイタウン」~新宿2丁目散策(1):太宗寺

※本記事内容は、新型コロナウィルスが蔓延する以前に訪れたときの様子を書いたものです。したがって、現在の様子と異なる可能性があります。☆☆☆新宿2丁目はゲイタウンとして日本のみならず世界的にも知られていますが(Wikipediaの記述によれば「世界屈指のゲイタウン」の由)、この新宿2丁目には「太宗寺」、「成覚寺」、「正授院」という3つの由緒あるお寺があります。(靖国通りに設置されている地図を筆者が加工)今回は、...

続きを読む

【日本橋】橋梁としての日本橋探索(1):元標の広場/道路元標

現在、日本橋界隈のエリアを区切って、日本橋の散策シリーズ(下記(※)参照)を掲載しているところですが(前回の記事は「【日本橋】今も昔も交通の要所~日本橋蛎殻町(2)」)、今回は、「橋梁としての日本橋」について書いてみたいと思います。下の写真は、熈代勝覧(きだいしょうらん)に描かれた日本橋。(上の写真は、日本橋「三越前」駅地下コンコース壁面に常設されている「熈代勝覧」を撮影したものです。「熈代勝覧」...

続きを読む

風呂屋? 釣り堀? 食堂?~西小山→荏原町散策(最終回):カブラギ本社/旗の台つりぼり店/品川道/蛇窪神社/大井の掛渡井

前回の「荏原の地名に思いを馳せる:地名の栄枯盛衰~西小山→荏原町散策(3)」では、「荏原」の地名、「源氏ゆかり」の史跡などを見てきましたが、今回は、「西小山→荏原散策シリーズ」の最終回として、失われた地名である「蛇窪」地区まで歩いていきます。★★★ ★★★(風呂屋? 釣り堀? 食堂?)前回の記事で訪れた「旗岡八幡神社」と「法蓮寺」が面する道も古道で、この道を進んでいくと、『「品川用水跡」と「帝銀事件」~...

続きを読む

「荏原」の地名に思いを馳せる:地名の栄枯盛衰~西小山→荏原町散策(3):旧荏原郡/旗岡八幡神社/法蓮寺/平塚の碑

前回の「駅ホームの痕跡を探る~西小山→荏原町散策(2)」では、かつて存在した駅ホームの痕跡と、同じくかつて存在した「旗が丘」の地名の痕跡を探してみました。今回も、「荏原」の地名の変遷、「源氏ゆかり」の史跡などを見ていきます。★★★ ★★★(地名の栄枯盛衰:荏原の地名について)前回の記事で歩いた立会川跡に戻って、さらに進んでいきます。途中には、「立会川児童遊園」があり、東急大井町線「荏原町駅」の踏切脇に...

続きを読む

【日本橋】今も昔も交通の要所~日本橋蛎殻町(2):旧日本橋区役所/遠忠商会/牡蠣町殻銀座跡/谷崎潤一郎生誕の地

※本ブログの記事内容は、新型コロナウィルスが蔓延する以前に訪れたときの様子を書いたものです。なお、新型コロナウィルスに関する私の考えは「新型コロナウィルスで思うこと」で書いています。☆☆☆前回の「【日本橋】水天宮と東京シティエアターミナル~日本橋蛎殻町(1)」では、水天宮から東京シティエアターミナルまで散策しました。今回は、東京シティエアターミナルから蛎殻町1丁目に入っていきますが、前回の記事で掲載し...

続きを読む

廃駅ホームの痕跡を探る~西小山→荏原町散策(2):旗の台駅/旗が丘駅/東洗足駅/旗が丘子育て地蔵

前回の「品川区の個性ある商店街~西小山→荏原町散策(1)」では、西小山の個性的な店を探訪しながら、立会川跡の「立会道路」を歩きました。今回は、長原街道を渡り「旗の台駅」に向かい、かつて存在した駅ホーム(「旗が丘駅」及び「東洗足駅」)の痕跡を探してみます。★★★ ★★★(立会道路と中原街道)前回の記事で歩いた「立会川跡の立会道路」をさらに進んでいくと、中原街道にぶつかります。中原街道の向こう側に立会川跡...

続きを読む

「星薬科大学」と「昭和30年代にタイムスリップ」~武蔵小山(最終回)

※本ブログの記事内容は、新型コロナウィルスが蔓延する以前に訪れたときの様子を書いたものです。なお、新型コロナウィルスに関する私の考えは「新型コロナウィルスで思うこと」で書いています。☆☆☆前回の『「品川用水跡」と「帝銀事件」~武蔵小山散策(3)』では、武蔵小山に流れていた「品川用水」の痕跡と「帝銀事件」関連の施設を見てきましたが、今回は「武蔵小山散策」の最終回として、目黒区側界隈まで歩いてみます。★★★ ...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして6年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に東京散歩と株式投資で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、歴史や地形・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。

無断転載の禁止

本サイトの画像(トリミングを含む)、文章の無断転載を禁止します。 転載希望の方は下記メールフォームにてご連絡ください。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: