FC2ブログ

記事一覧

麻布十番で薄幸の少女(きみちゃん)を思う:赤い靴/きみちゃん像/十番稲荷神社

前回の「麻布台から麻布十番に下る(散策)」では、江姫ゆかりの「西久保八幡神社」を訪れ、麻布台の大名屋敷跡にある「外務省飯倉公館」や「ロシア大使館」などを見てきました。今回は、「麻布台から麻布十番散策」の第3弾として、麻布台からの坂道を下って、麻布十番を訪れます。麻布十番には、童謡「赤い靴」のモデルとなった少女「きみちゃん」の像がありますので、薄幸の少女「きみちゃん」について書いてみたいと思います。...

続きを読む

麻布台から麻布十番に下る(散策):西久保八幡神社/外務省飯倉公館/狸穴坂/鼠坂/植木坂

前回の「麻布・我善坊谷を散策」では、地下鉄・六本木一丁目駅から我善坊谷(がぜんぼうだに)を散策。我善坊谷にある歴史的な遺構を訪れ、その歴史的な遺構が、森ビルによる六本木ヒルズの再開発でみられたような手法によって喪失してしまう恐れがあることを見てきました。今回は、「麻布台から麻布十番散策」の第2弾として、大名屋敷のあった麻布台地の高台から麻布十番に通じる2つの坂道を下ってみたいと思います。☆☆☆ ☆☆☆...

続きを読む

麻布・我善坊谷を散策:森ビルによる再開発/日本国憲法草案審議の地/吉田苞竹記念会館

「港区白金・広尾・プラチナ通りを歩く(1)」で、港区は昭和22年(1947年)に、芝区・赤坂区・麻布区の3つの区が合併してできた新しい区であると書きました。これら旧芝区・旧赤坂区のうち、本ブログではこれまで、旧芝区については、「港区白金・広尾・プラチナ通りを歩く(1)」シリーズ「港区の尾根道を歩く(1)」シリーズ旧赤坂区については、「神宮外苑を歩く(1)」シリーズ「六本木トライアングルを散策」シリ...

続きを読む

観光名所・東大キャンパスを散策(最終回):赤門/三四郎池/小柴ホール

前回の「観光名所・東大キャンパスを散策(4)」では、重要文化財に指定されている「赤門」で、瓦紋を通した歴史的な流れを見たり、博物館を訪れ、また、安藤忠雄、隈研吾設計の近代的な建物やその建物にあるお洒落なカフェなどを見てきました。今回は、「東大散策」シリーズの最終回として、有名な「三四郎池」や小柴ホールなどを訪ねます。☆☆☆ ☆☆☆(広報センター)医学部に通じる「龍岡門」に進むと、ここに、下の写真のよう...

続きを読む

観光名所・東大キャンパスを散策(4):赤門/総合図書館/総合研究所博物館

新年明けましておめでとございます。本年もよろしくお願いいたします。さて、前回の「東大にもあった怨霊思想」では、東大キャンパスに残された「灯籠」を訪れ、古代から日本人の精神に根付いている「怨霊思想」が、日本の知の最高峰である東大にもあることを見たり、東大のシンボルである安田講堂に行き、その下にある「中央食堂」で昼食を取りました。「東大散策」シリーズの第4弾として、今回も引き続き、赤門などよく知られた...

続きを読む

東大で弥生土器発見地を探す:サトウハチロー旧居跡/お化け階段/弥生二丁目遺跡

前回の「観光名所・東大キャンパスを散策」では、主として東大の弥生キャンパス(農学部キャンパス)を散策しました。ハチ公関連で「上野英三郎とハチ公像」、東大農学資料館に保管されているハチ公の臓器、水戸藩の水戸学に影響を及ぼした中国の儒学者・朱舜水(しゅしゅんすい)の記念碑、江戸時代から続く老舗の酒屋・高崎屋を見学し、合格祈願シールまでもらいました(^^今回は、「東大散策」シリーズの第2弾として、弥生式土...

続きを読む

観光名所・東大キャンパスを散策:高崎屋/ハチ公像/東大農学資料館/向稜碑/朱舜水先生終焉之碑

今回は文京区にある東大キャンパスを散策したいと思います。東大(東京大学)は、加賀百万石の前田家上屋敷、水戸藩中屋敷など大名屋敷の跡地に建てられましたので、これら大名屋敷の遺構がある他、弥生土器が出土した場所、安藤忠雄・隈研吾設計の建築物、博物館(無料)などを見学することができます。また、合格祈願のシールを貰うこともできます。このように、東大は古代から現代までの史跡や建築物を一日かけて楽しむことがで...

続きを読む

洗足池を散策:日蓮聖人袈裟掛けの松/勝海舟墓所/西郷隆盛留魂祠/千束八幡神社

前回の東工大キャンパスを散策では、古道を探しながら東工大キャンパス内を散策し、東京工業大学博物館の見学などをしました。今回は、「大岡山・洗足池散策」の第2弾として、大田区北端の南千束にある「洗足池」(下の写真)を散策してみます。     この洗足池周辺には、洗足池の名前の由来となった「日蓮聖人袈裟掛けの松」や勝海舟関連の墓などの史跡が多くある、歴史的にも重要な地です。☆☆☆ ☆☆☆洗足池は、東急池...

続きを読む

東工大キャンパスを散策:蔵前工業会/東工大博物館/出穂山稲荷大明神/赤松稲荷大明神/謎の池

今回は、大田区・目黒区・品川区の3つの区が接する地区(大岡山・洗足池地区)を散策してみます。この地区に関心を持ったきっかけですが、相棒「花の里」ロケ地と勝海舟邸跡を散策で書いたように、大田区の洗足池にある「勝海舟別邸跡」の説明板に、「勝海舟は西郷隆盛と会見するために、池上本門寺に赴いた」という通説とは異なる説明があったことがきっかけとなりました。それでは、「大岡山・洗足池散策」の第1弾として、東京...

続きを読む

赤坂の「坂」を散策(最終回):山脇学園武家屋敷門/カンボジア大使館/高橋是清翁記念公園/美喜井稲荷神社/豊川稲荷

前回の軍都・赤坂の面影を探る(散策)では、六本木にあった歩兵第一連隊・歩兵第三連隊とともに二・二六事件で主導的な役割を果たした近衛歩兵第三連隊の碑を訪れたり、街なかにひっそりと残された陸軍境界石を探しながら、六本木と同じく赤坂も「軍隊の街」であったことを見てきました。(六本木が「軍隊の街」であり、在日米軍基地の存在など、その名残があることについては「軍都」六本木を探索(散策)をお読み下さい)今回は...

続きを読む

軍都・赤坂の面影を探る(散策):オフィス北野/一ツ木公園/銀杏が丘/陸軍境界石/近衛歩兵第三連隊の碑

前回の相棒「花の里」ロケ地と勝海舟邸跡では、勝海舟が幕末に過ごした邸宅跡まで歩きました。今回は、赤坂シリーズの第3弾として、赤坂にあった近衛歩兵第三連隊の面影を探しながら散策したいと思います。 (武家地跡のクランク状の道)勝海舟邸からほど近いところに、谷間を埋め立て幕臣の屋敷用地としたところがあります。ここに下の写真のようなクランク状の道が残されています。 地形と歴史を変えた六本木ヒルズ(散策...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: