FC2ブログ

記事一覧

失われた三田用水遺構~三田用水跡・暗渠散策(6):水路橋(高架鉄樋)/目黒新富士

前回の「市川海老蔵など芸能人・著名人の自宅を探訪~三田用水跡散策(5)」では、市川海老蔵など芸能人・著名人の自宅を探訪しながら、お洒落な街「代官山」で「美空ひばり記念館」などを見学しました。今回は、代官山の交差点にあった水路橋の謎解きや戦艦大和の実験・研究が行われた「艦艇装備研究所」の周辺地域を散策します。★★★ ★★★(鎗ヶ崎交差点)前回の記事で歩いた目切坂から旧山手通りに戻り、代官山にある「鎗ヶ崎...

続きを読む

【池尻大橋】「トランプ大統領が食したハンバーガー」と「戦争遺構巡り」:THE BURGER SHOP(ザ バーガーショップ)/馬神碑/陸軍境界石

今回は、トランプ前大統領が令和元年(2019年)5月に国賓として訪日した際、ゴルフ場で食べたというハンバーガーを提供したハンバーガー専門店「THE BURGER SHOP(ザ バーガーショップ)」のご紹介です(東京都目黒区東山3-14-3 東山共同ビル 1F。池尻大橋駅から徒歩2分)。食事後は、世田谷区・目黒区にまたがる池尻大橋界隈に多く残されている「戦争遺構」を探してみます。★★★ ★★★(ザ バーガーショップ)「ザ バー...

続きを読む

【清澄白河・森下】「お洒落カフェ」と「江戸の名残」~現代と江戸を清澄白河で堪能(2):暗渠散歩/六間堀跡/五間堀跡

前回の『【清澄白河】「お洒落カフェ」と「江戸の名残」~現代と江戸を清澄白河で堪能:イキ エクスプレッソ』では、ニュージーランド発祥のカフェ「イキ エクスプレッソ」でコーヒーと料理を楽しみました。今回は、「イキ エクスプレッソ」近くにある六間堀・五間堀跡を散策(暗渠散歩)して江戸時代の名残を探してみます。下の写真は、森下駅前にある地図ですが、「くの字」をした変わった区画があります(森下駅前にある地図...

続きを読む

芸術家が好んだ街~代田・代沢散策(1):帝国高等音楽学校跡/古関金子/ダイダラボッチ川/駒沢線/代田八幡神社

今回は世田谷区にある代田と代沢を散策します。あまり知られていませんが、この界隈には萩原朔太郎、三好達治、坂口安吾などの文士が住み、また、中島みゆきの自宅やNHKの連続テレビ小説「エール」のモデルとなった小関裕而の自宅があるなど多くの芸術家が住んでいる(住んでいた)地域でもあります。今回の「代田・代沢散策シリーズ」では、多くの芸術や文学が生まれた世田谷区の代田・代沢地域を散策したいと思います。★★★ ...

続きを読む

古道を歩く~夫婦坂→久が原→池上本門寺散策(3):貝塚坂/猿坂の祠/道々橋

前回の「きれいな小川を散策~夫婦坂→久が原→池上本門寺散策(2)」では、小川を散策しながら、カルガモの親子や壁一面に咲いたブーゲンビリアの花を見てきました。今回は、「上池台散策サブシリーズ」の最終回として、上池台にある古道を歩きます。☆☆☆「夫婦坂→久が原→池上本門寺散策」シリーズでは、次の3つのサブシリーズに分けて掲載しています。今回の記事は①の「上池台散策サブシリーズ」の3回目の記事になります。① 学習...

続きを読む

水のきれいな小川と暗渠を散策~夫婦坂→久が原→池上本門寺散策(2):洗足流れ/小池流れ/鴻巣流れ

前回の『学研本社があった「学研通り」を散策~夫婦坂→久が原→池上本門寺散策(1)』では、学研本社があった学研通りを散策しました。今回は、この界隈にある水のきれいな小川を散策してみます。カルガモの親子などを見ることができます。☆☆☆「夫婦坂→久が原→池上本門寺散策」シリーズでは、次の3つのサブシリーズに分けて掲載しています。今回の記事は①の「上池台散策サブシリーズ」の2回目の記事になります。① 学習研究社の本...

続きを読む

「龍子記念館」と「いにしへの東海道」~臼田坂散策(最終回)

前回の「岸谷五朗・奥井香夫妻の自宅を探訪~臼田坂散策(4)」では、大森まで足を延ばし、岸谷五朗・奥居香夫妻の自宅を探訪しました。今回は「臼田坂散策シリーズ」の最終回として、川端康成・石坂洋二郎旧居跡、川端龍子の邸宅跡に建てられた「龍子記念館」などを訪れます。★★★ ★★★(川端康成、石坂洋二郎旧居跡)前回の記事で歩いた「岸谷五朗・奥居香夫妻の自宅」から、馬込に戻りますが、途中に「川端康成」と「石坂洋二...

続きを読む

【新川】新川跡をたどる(暗渠散歩)~見どころの多い中央区新川を散策(3):日本銀行創業の地碑/高尾稲荷神社/船員教育発祥の地碑/新川之跡碑

前回の「【新川】「永代橋」周辺を散策~見どころの多い中央区新川を散策(2)」では、隅田川に架かる永代橋を渡って、江東区に置かれている「赤穂浪士の碑」を見た後、中央区に戻り、独特の形をした「豊海橋」を渡りました。今回は新川の地名の由来となった新川跡をたどります。☆☆☆(参考:今までの日本橋地区の散策記事)日本橋散策については、今までに以下の4つのサブシリーズを掲載してきました。①「日本橋堀留町・小舟町散...

続きを読む

三田用水跡を上流から散策~三田用水跡・暗渠散策(1)

「失われゆく三田用水遺構を歩く~港区白金台・三田用水跡」シリーズでは、環状4号線の建設で失われる可能性のある、港区白金台の三田用水跡(三田用水の下流部分)を散策しましたが、今回は、三田用水の上流部分から三田用水跡(暗渠)を散策してみたいと思います(8回にわたる記事を予定)。当初は「東京散歩(古道・暗渠)のカテゴリ」に入る「暗渠散歩」を考えていましたが、三田用水は東京の高台にある高級住宅街を通ってお...

続きを読む

臼田坂の由来~臼田坂散策(2):馬込の三本松/川瀬巴水/馬込小学校時計台

前回の「臼田坂散策(1)」では、都営地下鉄・馬込駅を出発し、地図やジオラマで大田区にある馬込駅周辺・臼田坂を概観し、内川の源流を探訪しました。今回も、引き続き臼田坂、内川跡を散策します。★★★ ★★★(馬込の三本松)前回の記事で歩いた新馬込橋付近には、昭和初期まで「三本の松」があり、古来より「道しるべ」として使われていました。今でも、「馬込三本松通商店会」という商店街の名前、バス停の名称、町内会の名称...

続きを読む

新宿に「鉛筆の碑」があった~新宿で渋谷川の上流を歩く(最終回):多武峯内藤神社/鉛筆の碑/斎藤茂吉終焉の地

前回の「江戸の名残を四谷で探る~新宿で渋谷川の上流を歩く(2)」では、四谷大木戸跡、玉川上水余水吐遺構を見てきました。今回は、「新宿で渋谷川の上流を歩く」シリーズの最終回として、「區谷四」の表札や「鉛筆の碑」など珍しいものを見てみます。☆☆☆【参考記事】今回の「新宿で渋谷川の上流を歩くシリーズ」以外の新宿散策記事として、次の2つのシリーズがあります。(参考シリーズ1)新宿駅構内とその周辺の散策記事と...

続きを読む

臼田坂と内川の源流~臼田坂散策(1):馬込文士村/馬込インターチェンジ/宗福寺

今回は大田区馬込にある臼田坂を散策してみます。臼田坂はあまり知られていない古道ですが、地形・歴史的に興味深い見どころのある坂で、周辺地域は大正末期から昭和初期にかけて多くの文人や芸術家が住んでいたため、「馬込文士村」(注)と呼ばれています。また、途中には、三島由紀夫、俳優の仲村トオルの自宅がある場所でもあります。(注)このような文士村は、他にも阿佐ヶ谷(杉並区)、落合(新宿区)、田端(北区)にもあ...

続きを読む

江戸の名残を四谷で探訪~新宿で渋谷川の上流を歩く(2):四谷大木戸跡/玉川上水余水吐遺構

前回の「新宿駅の喧騒を離れた静寂に浸る~新宿で渋谷川の上流を歩く(1)」では、新宿駅から天龍寺・新宿高校を経て、新宿御苑まで来ました。新宿御苑から四谷大木戸付近まで散策してみます。※本記事内容は、新型コロナウィルスが蔓延する以前に訪れたときの様子を書いたものです。したがって、現在の様子と異なる可能性があります。★★★ ★★★(玉川上水について:驚嘆すべき土木技術)前回の記事で歩いた「玉川上水を復元した...

続きを読む

新宿駅の喧騒を離れた静寂に浸る~新宿で渋谷川の上流を歩く(1)

新年明けましておめでとうございます。昨年は新型コロナに翻弄された1年でした。今年もまだまだ油断のできない状態が続くといます。また、世の中の仕組みや人々の考えに大きな変化が起きる年になると思われます。このような中、どのような変化が起きるのか、また、変化の中でも変わらないものは何なのかを私なりに見極めていきたいと考えています。本年もよろしくお願いいたします。☆☆☆さて、今回は新宿区に流れる渋谷川の上流―――...

続きを読む

【日本橋】橋梁としての日本橋探索(2):麒麟像・獅子像/焼夷弾の跡/日本橋魚河岸

前回の「【日本橋】橋梁としての日本橋探索(1):元標の広場/道路元標」では、道路の真ん中に置かれた道路元標や首都高速道路にある道路元標を見てきました。今回は、麒麟贈・獅子像、焼夷弾の跡、日本橋魚河岸について見ていきます。★★★★★★ (麒麟像・獅子像:阿吽)日本橋には、麒麟像(下の写真左)、獅子像(下の写真右)が置かれています。  神社に置かれている一対の狛犬は、一方が口を開け、もう一方が口を閉じてい...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして6年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に東京散歩と株式投資で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、歴史や地形・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。

無断転載の禁止

本サイトの画像(トリミングを含む)、文章の無断転載を禁止します。 転載希望の方は下記メールフォームにてご連絡ください。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: