FC2ブログ

記事一覧

【人形町】「私の好きな人形町のうなぎ店」と「人形町の遊郭・花街の名残」:三好

※本ブログの記事内容は、新型コロナウィルスが蔓延する以前に訪れたときの様子を書いたものです。新型コロナウィルス感染が収束するまでは、今まで撮った写真等のストックを使った記事を掲載します。☆☆☆今回は、人形町界隈で最もお美味しいうなぎ店と個人的には評価している「西伊豆松崎 三好」です。人形町のレストラン・カフェとしては、前回の『【人形町】「長い行列ができる1000円ピッツァリア・ランチ」と「甘酒横丁のソ...

続きを読む

【人形町】「長い行列ができる1000円ピッツァリア・ランチ」と「甘酒横丁のソフトクリーム2選」:イル・タンブレッロ/森乃園/双葉

新型コロナウィルス感染が厳しい状況になっていますが、皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。このような状況の中、不安感・閉塞感が増大しがちですが、このようなときこそ冷静に淡々と物事をすすめることが大事だと考えています。したがいまして、本ブログでは従来通り記事掲載を淡々と継続していく所存です。また、私の新型コロナウィルスに関する考えについては、「新型コロナウィルスで思うこと」で書いています。本ブロ...

続きを読む

【横浜元町】「食パンの元祖ウチキパン」と「横浜のフランス山を散策」

今回は横浜元町にある食パンの元祖「ウチキパン」に行ってみます。横浜は、安政6年(1859年)の開港後、外国人居留地ができ欧米人を中心に多くの外国人が住み着いたため「○○発祥の地」という碑が多くあるのですが、みなとみらい線「日本大通り駅」近くに「近代のパン発祥の地」碑があります(下の写真)。この碑には、以下のような記述があります。「イギリス人クラークのパン屋「ヨコハマベーカリー」が、登場する。ここで修...

続きを読む

「木・金・土曜しか開店しないセンスのいいカフェ『木琴堂』」と「昭和30年代にタイムスリップ」:木琴堂/二葉フードセンター

今回は、東急目黒線・武蔵小山駅から徒歩4分ほどの場所にあるカフェ「木琴堂」のご紹介です(品川区小山4-14-22。武蔵小山駅から319m)。木・金・土曜しか開店しないので「木琴堂」(もくきんどう)という名前のお店にしたそうで、名前がオシャレです(開店時間は9:00~14:00)。名前だけでなく、店内の内装も凝った異国的な造りになっているお店です。食事後は昭和30年代にタイムスリップしたような商店街を訪れてみ...

続きを読む

シロガネーゼの別の顔(1)~「港区白金の下町の洋食屋さん」と「在日米軍施設」と「現役の井戸」:白金・北里通り商店街/ハチロー

今回は異質な要素を盛り込んだ変わったタイトルですが、港区白金の余り知られていない側面を見ていきたいと思います。紹介するレストランや施設には、厳密に言えば港区白金に属しませんが、これらは港区白金の至近距離にありますので、「シロガネーゼの別の顔」としました。★★★ ★★★(シロガネーゼとは正反対の「白金・北里通り商店街」)「シロガネーゼ」という言葉に代表されるように、港区白金というと、超高級で超オシャレな...

続きを読む

「銀座で人気のいなり寿司」と「江戸時代からある銀座路地裏の神社にお参り」:銀座魚勝/宝童稲荷神社

今回は、銀座で人気の「魚勝の弥左エ門いなり」のご紹介です。昼限定のテイクアウトのみの稲荷寿司ですが、開店時間の11:30前から行列ができるお店です(予約不可)。「弥左エ門いなり」を購入した後は、江戸時代からこの地にある宝童稲荷神社にお参りしてみます。また、「銀座のレストラン・カフェ」シリーズとしては、『「銀座のイタリアンレストラン」と「手動式エレベーターのあるレトロな建物」』に続く第5弾となります...

続きを読む

「本屋と融合したレストラン」と「飛行機マニアの橋」:ブックカフェ羽月/穴守橋

今回は、羽田空港から近い京急・穴守稲荷駅前にある「ブックカフェ羽月」に行ってみます(大田区羽田4-5-1。穴守稲荷駅から53m)。食事後は、飛行機マニアが喜びそうな橋やマンション内にある飛行機シュミレーターを訪れてみます。羽田空港のそばだけあって、飛行機に関連するみどころが多くあります。★★★ ★★★(穴守稲荷駅)「穴守稲荷駅」は近くに「穴守稲荷神社」があるために命名された駅ですが(下の写真)、駅を降りるとキ...

続きを読む

「自由が丘の食べ放題パンケーキ」と「自由が丘の地名の由来となった学校」:ルサルカ

今回は、『「自由が丘の大衆うなぎ店でうな丼」と「プチ自由が丘散策」』に引き続き。自由が丘のレストラン・カフェの第5弾です。また、自由が丘の地名の由来についても書いてみます。★★★ ★★★(ルサルカまでの道のり)自由が丘にあるパンケーキ専門店の「ルサルカ」は自由が丘駅からやや遠方にありますので(徒歩約10分)、自由が丘駅からの道のりを書いてみます。自由が丘駅正面口前にある小さなロータリー(下の写真)の端...

続きを読む

「築地場外市場の専門店巡り(第2弾)」と「築地場外の老舗ラーメン・若葉」

今回は、『築地場外市場の「専門店巡り」と「赤酢と炙り寿司」』で昨年末の買い出しに行ったときに、すでに売り切れていて入手することのできなかった、「築地デリ」のローストビーフと「山長」の卵焼きを買いに築地場外市場に行ってきましたのでその報告と、その際、老舗ラーメン店でラーメンを食しましたので、これらに関する記事になります。参考記事:『「銀座で唯一の踏切」を探して築地界隈を散策』★★★ ★★★(老舗ラーメン...

続きを読む

日本橋・コレド室町テラスで蕎麦と利き酒を楽しんだ後は神社にお参り:ソバキチ/十軒店跡/福徳神社

(横浜中華街の春節)本題に入る前に、横浜中華街の春節についてです。横浜中華街では、本年(2020年)1月25日(土)から2月8日(土)にかけて、「春節」が開催されます(下の写真は春節の様子)。横浜中華街の春節については、「横浜中華街を散策:横浜山手で歴史に思いを馳せる(番外編)」で記事を書いたことがありますので、ご関心のある方はこの記事を参考にしてください。(ソバキチ コレド室町テラス店)さて、今...

続きを読む

「丸ビルのフレンチレストラン再訪」と「1934年式ロールスロイス・ファントム2」:サンス・エ・サヴール/ザ・ペニンシュラ東京

丸ビルにあるフレンチレストラン「サンス・エ・サヴール」については、『丸ビル35階のフレンチレストランでランチ:サンス・エ・サヴール(Sens & Saveurs)』で書いたところですが、今回、この「サンス・エ・サヴール」を再訪しましたので、その記事になります。また、丸ビル・新丸ビルのレストラン・カフェの記事としては、『「丸ビル36階のフランス料理」と「ミニ丸の内散策」:モナリザ(1)』に続く第5弾となります...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして5年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に東京散歩と株式投資で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、歴史や地形・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。

本サイトの画像(トリミングを含む)、文章の無断転載を禁止します。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: