FC2ブログ

記事一覧

麻布十番で薄幸の少女(きみちゃん)を思う:赤い靴/きみちゃん像/十番稲荷神社

前回の「麻布台から麻布十番に下る(散策)」では、江姫ゆかりの「西久保八幡神社」を訪れ、麻布台の大名屋敷跡にある「外務省飯倉公館」や「ロシア大使館」などを見てきました。今回は、「麻布台から麻布十番散策」の第3弾として、麻布台からの坂道を下って、麻布十番を訪れます。麻布十番には、童謡「赤い靴」のモデルとなった少女「きみちゃん」の像がありますので、薄幸の少女「きみちゃん」について書いてみたいと思います。...

続きを読む

国立新美術館のフレンチレストランでランチ:ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ

「国立新美術館を散策」でご紹介しましたが、港区六本木にある国立新美術館には、フランス料理で有名な「ポール・ボキューズ」の名を冠したフレンチレストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」がありますので、 今回は、このレストランでのランチをご紹介したいと思います。なお、美術館に併設されているフレンチレストランについては、「世田谷美術館フレンチレストランと砧公園を散策」でも書きましたので、ご...

続きを読む

麻布台から麻布十番に下る(散策):西久保八幡神社/外務省飯倉公館/狸穴坂/鼠坂/植木坂

前回の「麻布・我善坊谷を散策」では、地下鉄・六本木一丁目駅から我善坊谷(がぜんぼうだに)を散策。我善坊谷にある歴史的な遺構を訪れ、その歴史的な遺構が、森ビルによる六本木ヒルズの再開発でみられたような手法によって喪失してしまう恐れがあることを見てきました。今回は、「麻布台から麻布十番散策」の第2弾として、大名屋敷のあった麻布台地の高台から麻布十番に通じる2つの坂道を下ってみたいと思います。☆☆☆ ☆☆☆...

続きを読む

逆張り投資とは?:「狭義の逆張り投資」と「広義の逆張り投資」

今回は、大日本印刷(7912)などの銘柄を例にとって、「逆張り投資」について考えてみたいと思います。(逆張り投資とは?)「損切りしない株式投資(7)(最終回):逆張り投資・ナンピン・含み損への対処」で書いたように、私の投資ルールは完全な逆張り投資を基本にしています。その逆張り投資を行う際の基準にしているのが、株価の長期チャートで、過去1~3年のチャートを見ながら底値近くで購入するやり方です。私はフ...

続きを読む

麻布・我善坊谷を散策:森ビルによる再開発/日本国憲法草案審議の地/吉田苞竹記念会館

「港区白金・広尾・プラチナ通りを歩く(1)」で、港区は昭和22年(1947年)に、芝区・赤坂区・麻布区の3つの区が合併してできた新しい区であると書きました。これら旧芝区・旧赤坂区のうち、本ブログではこれまで、旧芝区については、「港区白金・広尾・プラチナ通りを歩く(1)」シリーズ「港区の尾根道を歩く(1)」シリーズ旧赤坂区については、「神宮外苑を歩く(1)」シリーズ「六本木トライアングルを散策」シリ...

続きを読む

丸ビル35階のフレンチレストランでランチ:サンス・エ・サヴール(Sens & Saveurs)

今回は、丸ビルの35階にあるフレンチレストランでランチを楽しんだので、そのご報告です。サンス・エ・サヴール(Sens & Saveurs)というレストランですが、 サンス(Sens)はフランス語で「感覚」の意味、「&」はフランス語なので「エ(et)」と発音し、「サヴール(Saveurs)」は「味」「風味」の意味です。直訳すれば「感覚と味」という意味ですが、レストランのパンフレットでは「五感の追求」と意訳していました...

続きを読む

芸能人・文士の家を探訪しながら成城学園散策(最終回):横溝正史/北原白秋/水の江瀧子(ターキー)/東宝映画撮影所

前回の「芸能人・文士の家を探訪しながら成城学園散策(3)」では、国分寺崖線上にある中村雅俊・五十嵐淳子夫妻の自宅を探訪したり、神明の森特別保護区や旧山田家住宅などを訪れました。今回は、「成城学園散策」シリーズの最終回として、横溝正史、北原白秋、水の江瀧子(ターキー)などの自宅を探訪したり、仙川まで行って東宝映画撮影所などを見学したいと思います。☆☆☆ ☆☆☆(病院坂)中村雅俊・五十嵐淳子夫妻の自宅をさ...

続きを読む

芸能人・文士の家を探訪しながら成城学園散策(3):中村雅俊・五十嵐淳子夫妻/神明の森特別保護区/旧山田家住宅

前回の「芸能人・文士の家を探訪しながら成城学園散策(2)」では、大江健三郎、石原裕次郎、田村正和の自宅などを探訪し、猪俣庭園、樫尾俊雄発明記念館を見学しました。今回は、「成城学園散策」の第3弾として、中村雅俊・五十嵐淳子夫妻の自宅を探訪したり、神明の森みつ池などの豊かな自然、新しく公開された旧山田家住宅などを訪れてみたいと思います。☆☆☆☆☆☆(野川緑地広場ビジターセンター)前回の「芸能人・文士の家を探...

続きを読む

古道について(2):古道の特徴

だいぶ間が空きましたが、前回の「古道について(1):古道の定義」の続きを書いてみたいと思います。(古道は意外と残る)古道研究家の荻窪圭氏が述べていることですが、古道は意外に残っていることが多いです。「ニューヨークに行った人ならわかるが、タイムズスクエアのあたり、碁盤目の整然とした区画の真ん中を斜めに走る幹線道路が1本ある。お馴染みのブロードウェイだ。なぜ1本だけ斜めなのか。実はかつてマンハッタン島...

続きを読む

観光名所・東大キャンパスを散策(最終回):赤門/三四郎池/小柴ホール

前回の「観光名所・東大キャンパスを散策(4)」では、重要文化財に指定されている「赤門」で、瓦紋を通した歴史的な流れを見たり、博物館を訪れ、また、安藤忠雄、隈研吾設計の近代的な建物やその建物にあるお洒落なカフェなどを見てきました。今回は、「東大散策」シリーズの最終回として、有名な「三四郎池」や小柴ホールなどを訪ねます。☆☆☆ ☆☆☆(広報センター)医学部に通じる「龍岡門」に進むと、ここに、下の写真のよう...

続きを読む

ティーライフ(3172):株主優待と株価の動向

平成31年(2019年)の相場が始まりました。相場の格言では「亥固まる」ですが、為替が一時104円台をつけ、株式市場は日経平均が2万円台を大きく割り込んだ後、2万円台を回復するなど年明け早々不安定な動きをしています。が、こういうときこそ落ち着いてやっていきたいと思います。人生もそうですが、株式市場も山あり谷ありで、谷があっても山がいずれ来るのは長期チャートを見れば歴史的にも証明されていますので、こ...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: