FC2ブログ

記事一覧

浅草橋→神田散策(2):東京35区/看板建築/神田のレトロな建物たち

前回の浅草橋→神田散策(1)では、秋葉原公園に行き、この公園が堀跡であることをお話しました。今回は神田に関することから話を始めたいと思います。(東京35区の話をもう一度)田園調布界隈を歩く(2)で昭和22年(1947年)に東京35区が再編成され現在の23区になったと書きました。現在の千代田区もこの時に、「神田区」と「麹町区」が合併してできた区です。「神田区」は秋葉原がある「外神田」と、古書店街など...

続きを読む

浅草橋→神田散策(1):柳原通り/美倉橋/和泉橋/秋葉原に残る遺構

蔵前→浅草橋を歩くでは浅草橋まで歩きましたが、今回は浅草橋から神田までを神田川に沿いながら散策してみたいと思います。(柳原通り)浅草橋を台東区側から中央区側に渡ると柳原通りがありますが、この柳原通りを神田方向(神田川上流方向)に進みます。江戸時代、万世橋付近から柳橋にかけては土手があり、柳の並木がありました。太田道灌が江戸の鬼門よけに柳を植えさせたと言われています。また、将軍吉宗が昔の柳が枯れて柳...

続きを読む

御殿山散策(最終回):品川神社/板垣退助の墓/マリオットホテル

前回の御殿山界散策(2)では、御殿山を散策し、幕末における台場築造のための不自然な凹地や英国公使館跡を見てきました。ここまで来ると品川神社はすぐそこです。御殿山地区ではありませんが、見どころ満載の神社ですので、せっかくですので品川神社にも寄ってみます。 (品川神社)品川神社の創建は平安時代の1187年と大変歴史のある神社で、源頼朝が海上交通安全と祈願成就の守護神社として阿波国の洲崎明神である天比理...

続きを読む

御殿山散策(2):ミャンマー大使館/原美術館/御殿山庭園/不自然な凹地

前回の御殿山散策(1)では、御殿山にある日本唯一の翡翠(ヒスイ)専門の博物館である「翡翠原石館」まで歩きました。今回の散策では、翡翠と関係の深いミャンマー大使館から始まります。☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆世界最大の翡翠(ヒスイ)の産地はミャンマーですが、この「翡翠原石館」の前には「ミャンマー大使館」があります。ミャンマー大使館は、三井財閥の大実力者で三井物産の初代社長を務めた益田孝の旧邸に建てられたものです。大...

続きを読む

御殿山散策(1):城南五山/八ツ山橋/開東閣/旧吉川英治邸/翡翠原石館

以前のブログ記事旧島津公爵邸(清泉女子大学本館):城南五山に残された邸宅で城南五山について次のように書きました。「目黒区と品川区の間、目黒川を南に臨む高台一帯を「城南五山」と呼ぶことがあります。いずれも都内屈指の高級住宅地区で、あたかも山を連想させる5つの高台が品川駅から目黒駅まで続いています。」「御殿山」は、室町時代には太田道灌の館があったと伝えられ、江戸時代には将軍が鷹狩の休憩所として使った御...

続きを読む

豊洲新市場に行ってきました

東京都の発表によれば、豊洲市場は今年(2018年)10月11日が開場日になっていますが、現在どうなっているかを見てきました。まず、豊洲市場の全体図を見てみましょう。この地図はゆりかもめ(道路上の高い走行路を走る新交通システムで、モノレールに似ていますがモノレールではありません。正式名称は「東京臨海新交通臨海線」)市場前駅近くに掲示されている地図ですが、上が南側、下が北側で表示されています。豊洲市場...

続きを読む

横浜桜木町散策(最終回):三菱ドック踏切/岩亀横丁/岩亀稲荷

前回の横浜桜木町散策(2)では、「みなとみらい駅」が「船の配管」をイメージした駅であることを見てきました。今回は、地上に戻って、「みなとみらいセンタービル」に行ってみます。(山汐丸のイカリ)みなとみらいセンタービルに入ると、横浜桜木町散策(1)でご紹介したパブリック・アート「ロゼッタ」が出迎えてくれます。ビルのフロアーを横切って広場に行くと、広場の中に巨大なイカリが置かれています。説明板に「イカリ...

続きを読む

横浜桜木町散策(2):2号ドック/男爵いも/三菱みなとみらい技術館

前回の横浜桜木町散策(1)では、1号ドックまで歩きましたが、今回はその続きになります。(2号ドック)さて、2号ドックです。2号ドックの先には「横浜ランドマークタワー」があり、そのコントラストが絶妙なのですが、大きすぎて写真では収まりきれませんでした。是非、実際に行ってご覧いただきたいと思います。  2号ドックは、1号ドックとともに120年前に造られた商船用の乾式石積みドックです。ランドマークタワー...

続きを読む

横浜桜木町散策(1):汽車道/帆船日本丸/1号ドック/パブリック・アート

今回は桜木町界隈を散策してみます。本ブログは「東京散歩」のタイトルとなっていますが、今後は、東京だけでなく、横浜のような東京近郊も折に触れて散策したいと考えています。横浜は私の好きな街の一つで、東京ほど大きくなく、歴史も東京ほど古くはないですが、近代的な都市と歴史が調和よく混在していて楽しい散策ができる街です。また、地図や史蹟の説明が要所にあり、散策のしやすい街です。(「新しい横浜」と「古い横浜」...

続きを読む

蔵前→浅草橋散策(最終回):花街の面影/石塚稲荷神社/柳橋/亀清楼/浅草見附跡

前回の蔵前→浅草橋散策(4)では、榊神社まで行きました。最終回の今回は柳橋を通って浅草橋まで行きます。(お洒落カフェ)榊神社を後にして、隅田川横の道を南に歩くと、写真のようなお洒落カフェ(ルーサイトカフェ)があります。テレビでも紹介されたことがあるお店ですが、このお店のHPによれば、昭和の流行歌手『市丸』の屋敷を改装したものだそうです。「市丸」について調べたところ、小唄・長唄だけでなく民謡・歌謡曲...

続きを読む

蔵前→浅草橋散策(4):高坂陣内/須賀橋交番/榊神社/蔵前工業学園之蹟/浅草文庫跡碑

前回の蔵前→浅草橋散策(4)ではおかず横丁まで行きました。今回は甚内神社探しから始めます。(高坂陣内)この鳥越神社の前の蔵前橋通りを渡ると「江戸の三陣内」と一人と言われた「高坂陣内」を祀った甚内神社があります。「江戸の三陣内」は江戸のいわゆる闇社会を取り仕切った人たちで、他の「三陣内」は江戸の吉原(人形町にあった吉原)の庄司陣内、古着市を取り仕切った鳶沢(とびさわ)陣内の2人です。高坂陣内はWikiped...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点