FC2ブログ

記事一覧

御殿山散策(最終回):品川神社/板垣退助の墓/マリオットホテル

前回の御殿山界散策(2)では、御殿山を散策し、幕末における台場築造のための不自然な凹地や英国公使館跡を見てきました。

ここまで来ると品川神社はすぐそこです。

御殿山地区ではありませんが、見どころ満載の神社ですので、せっかくですので品川神社にも寄ってみます。


(品川神社)

品川神社の創建は平安時代の1187年と大変歴史のある神社で、
品川神社


源頼朝が海上交通安全と祈願成就の守護神社として阿波国の洲崎明神である天比理乃咩命(あまのひりのめのみこと)を勧進したと伝えられています。

入り口の階段前にある石造鳥居ですが「昇り龍・降り龍」の彫刻が見事で、「双龍鳥居」と呼ばれています。
品川神社 双龍鳥居 全体  品川神社 双龍鳥居 拡大


このような彫刻の施された「双龍鳥居」は珍しく、この品川神社以外には、東京では杉並区の高円寺と馬橋稲荷神社にしかなく、「東京三鳥居」と言われているそうです。                                                                                                                  
同じく神社の入り口には、東海七福神の一つの「大黒天」が祀られています。
品川神社 大黒天


入り口を通って急な階段を登っていくと、
品川神社 急な階段


上野東照宮の鳥居に次いで、都内では二番目に古い石造鳥居(慶安元年、1648年)があります。鳥居の柱には「慶安元年」と刻まれています(写真右)。
品川神社 都内で二番目に古い鳥居  品川神社 石造鳥居 慶安元年と刻まれている


また、江戸後期に造られた備前焼の狛犬もあります。
品川神社 備前焼狛犬 阿形  品川神社 備前焼狛犬 吽形


この狛犬には備前焼の証拠として「備前伊部窯元」の文字が彫られています。
品川神社 備前焼狛犬 備前焼と刻まれている


富士塚もあり、頂上の展望はとても素晴らしいです。
品川神社 富士塚入り口  品川神社 富士塚からの展望


品川神社の裏には、自由民権運動を進めた板垣退助の墓があり、
品川神社 板垣退助の墓  品川神社 板垣退助の墓2


「板垣死すとも自由は死せず」の碑があります。この碑は佐藤栄作元首相の筆によるものです。
品川神社 板垣退助 自由は死せず


神社の裏にあるのに、板垣退助の墓は戒名があり神式の墓ではありません。なぜかと言うと、この墓地はここから数百メートル離れた東海寺所有の墓地であるからなのですが、品川神社からアクセスできるようになっています。


(マリオットホテルで休憩)

これで御殿山界隈の散策を終了し、前回の御殿山散策(2)でご紹介した「御殿山庭園」に隣接しているマリオットホテルで休憩しました。
御殿山 マリオットホテル


マリオットホテルからは品川駅までのシャトルバスがありますので、休息後は利用しても良いかもしれません。

これで「御殿山散策」シリーズを終わります。ここまでお読みいただきありがとうございました。

┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点