記事一覧

日本橋~茅場町地下通路はつながっている:写真を使って具体的に説明します

前回は謎解きでしたが、今回は写真を使って、実際の経路を辿ってみます

日本橋・茅場町近辺で勤務されている方々や住民の方々には、雨・雪の日、夏の炎天下の日には快適に日本橋~茅場町を徒歩で移動できるのではないでしょうか。

まず、東京駅に近い呉服橋交差点近くにあるA7番出口から出発します(東京駅に最も近いのはA3出口なのですが現在閉鎖中です。今年の9月30日まで工事中との説明板がありました)。
A7出口



A7出口からCOREDO日本橋方面に行きます。

COREDO日本橋の改札口です(左に行けばCOREDO日本橋です)。なお、この改札口手前には日本橋タカシマヤ、丸善方面につながる通路があります。
COREDO日本橋改札



更に進むと東西線ホーム行きのエレベーターがあります。ここがキモの部分です。このエレベーターを使わないと茅場町まで行けません。

茅場町駅まで行く通路を探している時は、このエレベーターを通り過ぎてしまい、その先に進めなくなりました。
東西線ホーム行きエレベーター



ここは地下1階ですので地下3階に降ります。
地下3階の東西線ホーム階に降りたら右手に曲がって真っ直ぐ進みます。

突き当りにエレベーターと階段があります。エレベーター又は階段を使って地下2階まで登ります。
地下3階から地下2階へ



この地下2階は都営浅草線改札口のある階です。改札口と反対方向に進むと「茅場町駅方面地下通路」という表示があるのでこちらに進みます。この通路になると人通りが少なくなって、ちょっと不安になりますが大丈夫です。さらに進みます。
茅場町駅方面地下通路



途中に、下る階段があり天井が低くなります。この天井は非常に低く、背の高い人は頭がぶつかりそうなほどです。
非常に低い天井



この凹みのある通路が何なのか不思議だったのですが、通路の上に江戸時代にあった楓川(かえでがわ)の川床があるためと考えられます。

この楓川は暗渠化され、上には高速道路が走っていますが、江戸時代に川があった証拠として、今でも千代田橋という橋の欄干や親柱が痕跡として残っています。
千代田橋



更に進むと、上り階段があり、この階段を登ると東西線茅場町駅の改札があります。

東西線茅場町駅の改札を右に見ながら通路を更に進み、日比谷線茅場町駅の改札横にある7番出口で終わります(道路反対側の6番出口にも行けます)。
茅場町駅7番出口



以上大変ローカルな話になりましたが、冒頭書きましたとおり、日本橋・茅場町近辺で勤務されている方々や住民の方々には、便利に使える通路だと思います。

┏○゙ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります┏○゙
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ       

(関連記事)「南町奉行所跡と東京ミッドタウン日比谷」

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点