記事一覧

豊洲新市場に行ってきました

東京都の発表によれば、豊洲市場は今年(2018年)10月11日が開場日になっていますが、現在どうなっているかを見てきました。まず、豊洲市場の全体図を見てみましょう。この地図はゆりかもめ(道路上の高い走行路を走る新交通システムで、モノレールに似ていますがモノレールではありません。正式名称は「東京臨海新交通臨海線」)市場前駅近くに掲示されている地図ですが、上が南側、下が北側で表示されています。豊洲市場...

続きを読む

横浜桜木町散策(最終回):三菱ドック踏切/岩亀横丁/岩亀稲荷

前回の横浜桜木町散策(2)では、「みなとみらい駅」が「船の配管」をイメージした駅であることを見てきました。今回は、地上に戻って、「みなとみらいセンタービル」に行ってみます。(山汐丸のイカリ)みなとみらいセンタービルに入ると、横浜桜木町散策(1)でご紹介したパブリック・アート「ロゼッタ」が出迎えてくれます。ビルのフロアーを横切って広場に行くと、広場の中に巨大なイカリが置かれています。説明板に「イカリ...

続きを読む

横浜桜木町散策(2):2号ドック/男爵いも/三菱みなとみらい技術館

前回の横浜桜木町散策(1)では、1号ドックまで歩きましたが、今回はその続きになります。(2号ドック)さて、2号ドックです。2号ドックの先には「横浜ランドマークタワー」があり、そのコントラストが絶妙なのですが、大きすぎて写真では収まりきれませんでした。是非、実際に行ってご覧いただきたいと思います。  2号ドックは、1号ドックとともに120年前に造られた商船用の乾式石積みドックです。ランドマークタワー...

続きを読む

横浜桜木町散策(1):汽車道/帆船日本丸/1号ドック/パブリック・アート

今回は桜木町界隈を散策してみます。本ブログは「東京散歩」のタイトルとなっていますが、今後は、東京だけでなく、横浜のような東京近郊も折に触れて散策したいと考えています。横浜は私の好きな街の一つで、東京ほど大きくなく、歴史も東京ほど古くはないですが、近代的な都市と歴史が調和よく混在していて楽しい散策ができる街です。また、地図や史蹟の説明が要所にあり、散策のしやすい街です。(「新しい横浜」と「古い横浜」...

続きを読む

蔵前→浅草橋散策(最終回):花街の面影/石塚稲荷神社/柳橋/亀清楼/浅草見附跡

前回の蔵前→浅草橋散策(4)では、榊神社まで行きました。最終回の今回は柳橋を通って浅草橋まで行きます。(お洒落カフェ)榊神社を後にして、隅田川横の道を南に歩くと、写真のようなお洒落カフェ(ルーサイトカフェ)があります。テレビでも紹介されたことがあるお店ですが、このお店のHPによれば、昭和の流行歌手『市丸』の屋敷を改装したものだそうです。「市丸」について調べたところ、小唄・長唄だけでなく民謡・歌謡曲...

続きを読む

蔵前→浅草橋散策(4):高坂陣内/須賀橋交番/榊神社/蔵前工業学園之蹟/浅草文庫跡碑

前回の蔵前→浅草橋散策(4)ではおかず横丁まで行きました。今回は甚内神社探しから始めます。(高坂陣内)この鳥越神社の前の蔵前橋通りを渡ると「江戸の三陣内」と一人と言われた「高坂陣内」を祀った甚内神社があります。「江戸の三陣内」は江戸のいわゆる闇社会を取り仕切った人たちで、他の「三陣内」は江戸の吉原(人形町にあった吉原)の庄司陣内、古着市を取り仕切った鳶沢(とびさわ)陣内の2人です。高坂陣内はWikiped...

続きを読む

蔵前→浅草橋散策(3):楫取稲荷神社/天文台跡/鳥越神社/おかず横丁

前回の蔵前→浅草橋散策(2)では、隅田川テラスを歩き、蔵前国技館跡の「蔵前水の館」まで来ました。今回は蔵前通りを西へ進みます。(揖取稲荷神社)「蔵前水の館」を少し進んで、細い道を右に折れると「揖取稲荷神社(かじとりいなりじんじゃ)」があります。この神社は江戸幕府米倉造営用の石材を船で運搬する際の遭難を避けることを祈願して創建された神社だそうです。面白いのは、神社脇にある可愛らしい砂庭です。定期的に...

続きを読む

蔵前→浅草橋散策(2):隅田川テラス/隅田川長流図巻/浅草御蔵跡/両国国技館跡

前回の蔵前→浅草橋散策(1)では、落語の台本を納めた「はなし塚」まで行きました。今回は「隅田川テラス」から散策します。(隅田川テラス)次に隅田川テレスを散策するために、厩橋(うまやばし)まで行きます。江戸幕府の馬小屋があったことに由来する名前です。隅田川テラスは下の写真のようなテラスで、散策するととても気持ちがいい場所です。江東区深川の名所を歩く(1)でご説明した「カミソリ堤防」もありますね。上の...

続きを読む

蔵前→浅草橋散策(1):蔵前神社/川柳発祥の地/はなし塚

今回は蔵前から浅草橋の散策をしてみます。蔵前は都営地下鉄の大江戸線と浅草線が通っています(両線の駅は地下道でつながっていないので地上に出ないと乗り換えはできません)。蔵前は最近お洒落な店が出店するようになっており、下町のブルックリンと呼ばれるようになってきているそうです。  散策前にこのようなお洒落カフェに寄ってみるのもいいかもしれません。かと思えば、昭和30年代を思わせるようなお店もあります。私...

続きを読む

江古田散策(2):武蔵野音大/「松屋」一号店/日大芸術学部/江古田の富士塚/武蔵野稲荷神社

江古田散策(1)で訪れた武蔵大学キャンパスを出て武蔵野音大に向かいます。(青柳邸)西武池袋線の踏切を超えて北に向かいますが、その途中に国の登録文化財に指定されている「青柳邸」があります。玄関脇に文化庁の「登録有形文化財」のプレートがあります。  設計は帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトの弟子である金沢清が設計したものです。スペイン瓦葺の住宅で、玄関回りの装飾などにライト風意匠の特徴がある...

続きを読む

江古田散策(1):江古田の読み方は?/武蔵大学/根津嘉一郎/千川上水

江古田は中野区・練馬区にまたがる地域で(町名としては中野区にのみ存在)、中野区側には都営地下鉄大江戸線の「新江古田駅」が、練馬区側には西武池袋線の「江古田駅」があり。両駅の間は徒歩で約10分の距離です。室町時代の後期に、この地域で太田道灌と豊島氏との間で「江古田・沼袋原の戦い」があった場所でもあります。江古田は室町時地代からある由緒ある地名ですが、読み方については諸説あるようです。現に、都営地下鉄...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点