記事一覧

損切りしない株式投資(7)(最終回):逆張り投資・ナンピン・含み損への対処

今回で「損切りしない株式投資」シリーズの最終回になります。損切りしない条件を再掲します。今回は下記太字部分の(4)の続きと(5)になります。【損切りしない条件】(1) 投資は余裕資金で行い、日常生活に支障をきたすような資金は使わない(2) 現物取引のみに限定し、信用取引は行わない(3) 個別銘柄の最低限の調査を行う(私には企業会計の知識もなく、企業のファンダメンタルズを調べる能力もありませんが、PER、...

続きを読む

損切りしない株式投資(6):チャート分析

損切りしない株式投資(1)で掲げた損切りしない条件を再掲します。今回は太字部分の(4)の株価チャート部分です。【損切りしない条件】(1) 投資は余裕資金で行い、日常生活に支障をきたすような資金は使わない(2) 現物取引のみに限定し、信用取引は行わない(3) 個別銘柄の最低限の調査を行う(私には企業会計の知識もなく、企業のファンダメンタルズを調べる能力もありませんが、PER、PBR、企業の財務状況は最低限調...

続きを読む

損切りしない株式投資(5):NISAの罠

「損切りしない株式投資(5)」です。条件(4)の株価チャートに入ろうと思ったのですが、前回の「損切りしない株式投資(4)」で書ききれなかったNISAの問題について触れたいと思います。●NISAの罠:NISAの5年間の非課税枠が終了したらどうなるかNISAの5年間の非課税枠期間終了後は、① 特定口座や一般口座に移して通常通りの取引を行う、又は、② 新たなNISA口座へ移して最大10年間の非課税期間を受ける(ロールオーバーと言い...

続きを読む

損切りしない株式投資(4):銘柄選択上の注意点

前回の「損切りしない株式投資(3)」に引き続き、「損切りしない株式投資(4)」です。「損切りしない条件」を再掲します。(1) 投資は余裕資金で行い、日常生活に支障をきたすような資金は使わない(2) 現物取引のみに限定し、信用取引は行わない(3) 個別銘柄の最低限の調査を行う(私には企業会計の知識もなく、企業のファンダメンタルズを調べる能力もありませんが、PER、PBR、企業の財務状況は最低限調べてから投資...

続きを読む

損切りしない株式投資(3):最低限のファンダメンタル分析

損切りしない株式投資(2)の続きです。損切りしない条件を再掲します。下記の(1)、(2)は前回お話しましたので、今回は太字の(3)からです。(1) 投資は余裕資金で行い、日常生活に支障をきたすような資金は使わない(2) 現物取引のみに限定し、信用取引は行わない(3) 個別銘柄の最低限の調査を行う(私には企業会計の知識もなく、企業のファンダメンタルズを調べる能力もありませんが、PER、PBR、企業の財務状況...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

プライバシーポリシー

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

投資の注意点

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: