記事一覧

東京大仏を見に行く(最終回):赤塚城跡・板橋区立郷土資料館・急峻な崖・赤塚氷川神社

前回の東京大仏を見に行く(2)では、東京大仏のある乗蓮寺を散策しました。(赤塚植物園)見どころ満載の乗蓮寺のそばに、600種を超えるの樹木や草花がある「赤塚植物園」があります。武蔵野の面影を残す丘陵地に作られた植物園で珍しい植物が沢山あるので植物好きの方にはお薦めです。(赤塚城跡)赤塚城跡に進みます。散策途中にあった梅林には、モグラの穴が沢山ありました。この赤塚地区は緑豊かで自然の豊かなところなの...

続きを読む

東京大仏を見に行く(2):千葉自胤/高島秋帆/下村湖人/東京大仏/天保飢饉供養塔/植村直己

前回の東京大仏を見に行く(1)では、松月院入り口の右にある「怪談乳房榎」を見ました。その続きです。(千葉氏の菩提寺)この松月院は、房総に勢力を有していた千葉氏の菩提寺でもあります。戦国時代の武将であった千葉自胤(ちばよりたね)は戦いに敗れた後、房総から武蔵に逃れて、この赤塚の地で赤塚城を築き城主となりました。松月院の屋根瓦を見ると、千葉氏の家紋である月に星をかたどった「月星の紋」が描かれています。...

続きを読む

東京大仏を見に行く(1):鎌倉街道・泉福寺・松月院・怪談乳房榎

奈良・鎌倉に次ぐ日本三大仏と言われている東京大仏を見ようと板橋区赤塚に行きました。当初は「東京大仏」が目的だったのですが、ところがどうして、調べていくうちにこの周辺には「東京大仏」以外にも多くの史跡・見どころが満載であることが分かりましたので、それらを見ながら散策したいと思います。東武東上線の下赤塚駅北口を出ると、商店街がありますが、お店には「大仏サブレー」を売っているお店があったりして、「東京大...

続きを読む

「すかいらーく(3197)の売却」と「四国電力(9507)の株価」

日経平均は相変わらず行ったり来たりですが、私のポートフォリオの中には、損切りしない条件(5)の「過去1年~3年の株価チャートを見ながら最高値に近いところで売却する」に該当する銘柄(四国電力)が出てきたので、少しずつ売却しています。(損切りしない条件については、【保存版】損切りしない株式投資を参照してください)四国電力(3197)については、「すかいらーく(3197)の売却」をお話した後で詳しく述べま...

続きを読む

丸の内・八重洲のちょっと知らない史跡・見どころ(最終回):外堀通り/ヤン・ヨーステン像/北町奉行所跡

丸の内・八重洲のちょっと知らない史跡・見どころ(2)の続きです。今回は八重洲に行きます。(外堀通り)「外堀通り」がなんで史跡・見どころなのか? と思われるかもしれませんが、「外堀通り」はいろいろと興味深い情報が盛り込まれています。「外堀通り」はその名の通り、江戸城の「外堀」で明治以降の開発で埋め立てられるまでは、豊富な水をたたえたお堀でした。このため、今でも「呉服橋」「鍛冶橋」「数寄屋橋」など外堀...

続きを読む

丸の内・八重洲のちょっと知らない史跡・見どころ(2):大手町の森・将門の首塚・太田道灌像

前回の丸の内・八重洲のちょっと知らない史跡・見どころ(1)では、KITTEまで行きました。今回は大手町方面に進み、その後有楽町方面へ行きます。(大手町の森)丸の内仲通りを大手町方面に行くと「大手町の森」があります。高層ビルの間にありますが、鬱蒼とした木々に覆われていて、郊外にある森のような感覚になります。2014年に作られたものですが、大手町に「本物の森」を作ろうというプロジェクトでした。作るのも...

続きを読む

丸の内・八重洲のちょっと知らない史跡・見どころ(1)

丸の内・八重洲は様々なサイトやガイドブックで紹介されていますので、余り知られていないと思われる史跡や見どころを私の独断と偏見でご紹介していきます(笑「そんなところは有名で誰でも知っているよ」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、その場合にはご容赦くださいm(__)m(東京駅)東京駅のようなメジャーなところが「ちょっと知らない」ではないだろうとお叱りを受けそうですが、ご紹介したいのは東京駅ではなく、東...

続きを読む

東京急行電鉄(9005):循環型チャートの株価の動向

アサンテ(6073):循環型チャートの株価の動向に引き続き私の好きな循環型チャート銘柄の東京急行電鉄(9005)です。東急電鉄(9005)ぐらいの大企業の株になると、私はあまりファンダメンタルズを気にせずチャートで判断して売買を決めるのですが、簡単に東急電鉄の特徴をまとめてみます。(東急電鉄の特徴、周辺情報)(1) 不動産事業が出発点東急電鉄が他の鉄道会社と異なるのは、不動産開発事業が出発点である...

続きを読む

港区の尾根道を歩く(最終回):元和キリシタン遺跡・勝海舟と西郷隆盛会見の地・ジュリアナ東京跡

港区の尾根道を歩く(3)の続きです。前回は済海寺まで来ました。(元和キリシタン遺跡)済海寺を少し行くと墓地の横に右に折れる細い道があり、その先にエレベーターがあります。  地元で月の岬エレベーターと呼ばれているエレベーターですが、このエレベーターで一気に下まで降りると、大きな広場に出ます。エレベーターを含めこの大きな広場は住友不動産が管理しています。(下の写真は、第一京浜側の入り口から撮った広場で...

続きを読む

港区の尾根道を歩く(3):三田台公園・お化粧地蔵・亀塚公園・御田八幡神社

港区の尾根道を歩く(2)の続きです。前回は泉岳寺まで行きました。(枝光付属幼稚園)泉岳寺から二本榎通りに戻り、三田台公園に進みます。途中にお受験で有名な枝光付属幼稚園の看板がありました。田中康夫の「なんとなく、クリスタル」にこの界隈のことが描かれているそうです。(三田台公園)三田台公園に着きました。ここは港区唯一の遺跡公園です。竪穴住居跡と貝塚の断面が復元・展示されていて大変興味深いです。私が訪れ...

続きを読む

私の投資遍歴:私が参考にした株サイト

私の投資歴はまだ3年しか経っていませんが、今までの投資遍歴を書いてみます。(FX時代)私の投資はFXから始まりました。損切りしない株式投資(2)で詳しく書きましたが、私の性格にはあわず、能力もなかったため約半年間で諦めたFXです。3年間の投資経験で、投資教材を買ったのはこのFX時代の1回だけですが、その投資教材の執筆者はおおよそ以下のようなことを書いていました。(教材内容は真面目で良く書かれたもの...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

月別アーカイブ

最新コメント

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点