FC2ブログ

記事一覧

レインボーブリッジを歩いて渡る

前回のレインボーブリッジと東京ベイエリアを散策では、JR三田駅からレインボーブリッジまで散策しましたが、今回は、「レインボーブリッジと東京ベイエリア散策」の第2弾として、レインボーブリッジを実際に歩いて渡ってみます。なお、レインボーブリッジの正式名称は「東京港連絡橋」です。☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆レインボーブリッジ遊歩道は2000年3月まで有料でした。現在は無料ですが、有料当時の料金所が残っています。自転車...

続きを読む

レインボーブリッジと東京ベイエリアを散策:放送記念碑/カルガモ人工巣/船路橋/東京都の紋章

今回のシリーズでは、JR田町駅から芝浦地区を通り、レインボーブリッジを歩いて渡って、お台場まで散策してみたいと思います。第一回の今回は、田町駅からレインボーブリッジまでを散歩します。☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆JR田町駅の芝浦口(東口)から出発です。「エスカレーター 下り専用」の方に向かいます。(放送記念碑)テラスから下を見ると、放送記念碑が見えます。駅のすぐ前にあるのですが、歩道に通じる階段の裏に隠れているた...

続きを読む

静嘉堂文庫・岡本公園民家園の緑の中を散策:旧小坂家別邸/多摩川テラスの武家屋敷門

前回の多くの芸能人・芸術家が住む岡本地区を散策に引き続き、今回は、二子玉川(二子玉)散策の最終回として、静嘉堂文庫などの緑豊かな界隈を散歩してみます。ここには二子玉川から歩いてもいけますが(20~25分程度)、二子玉川ライズにあるバスターミナル又は玉川高島屋本館前からバス(玉31・32系統)で行くこともできます。(旧小坂家別邸)バス停の静嘉堂文庫で降りると、右手に「旧小坂家別邸」に入る門があります...

続きを読む

「欲望と恐怖」とどう付き合うか(株式・FX相場)

損切りしない株式投資(6)でオリバー・ベレスとグレッグ・カプラの株価チャートに関する以下の言葉をご紹介しました。「株価の動きは、欲望と不安と恐怖のいずれかの感情に基づいている。・・・(中略)・・・マーケット参加者の大半が欲に支配されている間、株価は上昇する。これが強気相場である。逆に、大半の人々が恐怖に支配されている時には株価は下落し、弱気相場となる。・・・(中略)・・・チャートは嘘をつかない。・...

続きを読む

鎌倉・妙本寺で比企一族の悲話を思う(散策):日蓮上人辻説法跡/琴弾橋

今回は、北鎌倉・円覚寺散策に続く鎌倉散策第2弾として、日蓮聖人を開山(初代)として文応元年(1260年)に創建された「妙本寺」を散策してみます。また、日蓮聖人ゆかりの史跡として「日蓮辻説法跡」にも行ってみたいと思います。隠れた歴史を探し出すような「東京散歩」と異なり、鎌倉は歴史の方から押し寄せてくるような街で、書きづらいところがあるのですが、なんとか書いていきたいと思います。☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆(妙法寺...

続きを読む

多くの芸能人・芸術家が住む岡本地区を散策:無名塾/松任谷由実/岡本八幡神社

前回の世田谷美術館併設のフレンチレストランと砧公園を散策に引き続き、二子玉川散策の第5弾として、砧公園に隣接している世田谷区岡本地区を散歩してみます。タイトルで書いたように、この岡本地区には、松任谷由実、仲代達矢、ブーニン(スタニスラフ・ブーニン、ロシアのピアニスト)、前川清、八千草薫、内野聖陽などの芸能人・芸術家が住んでいる地域です。過去には、浜田光夫、大原麗子、黒沢年雄、浅井慎平(写真家)など...

続きを読む

世田谷美術館フレンチレストランと砧公園を散策

今回は、前回の二子玉川の昭和ロマンあふれるミニ博物館を訪問に引き続き、二子玉川(二子玉)散策の第4弾として、世田谷美術館の横にあるフレンチレストランで食事をしてから砧(きぬた)公園を散歩してみたいと思います。(世田谷美術館)世田谷美術館は、二子玉川駅の隣駅である「用賀駅」から徒歩17分、バス(東急バス)で3分のところにある、昭和61年(1986年)開館の世田谷区立の美術館で、砧公園の中にあり、アウ...

続きを読む

トランプと米中貿易戦争:米中貿易戦争は長い覇権争いの始まりにすぎない

今回は、「トランプ大統領」と「米中貿易戦争」について書いてみます。「投資に関する考え方」のカテゴリで書こうかと思いましたが、本件は単に株価の動向のみならず、もっと大きな「米中の覇権争い」に関連する問題ですので、「日々思うこと」のカテゴリで書いてみます。読者の中には、「株価の動向」がどうなるかについて関心がある方も多いと思いますので、「株価の動向」についても書いてみます。なお、以下の記述は、文明論の...

続きを読む

水道の原点を水道橋で学ぶ(散策):お茶の水の碑/東京都水道歴史館/神田上水懸樋跡/水道橋駅/吉祥寺の由来

前回のお茶の水→水道橋散策(3)では、神田駿河台を散策しましたが、今回は「お茶の水→水道橋散策」の最終回として、水道橋に向かって散歩をしてみます。(お茶ノ水の碑)JR御茶ノ水駅の御茶ノ水橋口にある交番の横には「お茶の水」の由来となった「お茶の水の碑」があります。「お茶の水」の名称は、江戸時代にこの地にあった高林寺(現在は文京区向丘に移転)の境内から水が湧き、将軍秀忠に差し上げたところ、良い水だとお褒め...

続きを読む

二子玉川の昭和ロマンあふれるミニ博物館を訪問:兵庫島公園/新二子橋からの眺め/谷川緑道/玉電散策

前回の二子玉川散策(2)では、二子玉川駅東口を出て、二子玉川公園や二子の渡し跡を散策しました。今回は、二子玉川(二子玉)散策の第3弾として、二子玉川駅西口から散歩をしてみます。(兵庫島公園)西口を出て、玉川髙島屋と反対方向の多摩川方向に向かい、徒歩約5分のところに兵庫島(ひょうごじま)があります。ここには、多摩川に合流する野川の河川敷を利用した兵庫島公園が整備されていて、人造の池や小川があり、大人...

続きを読む

コカ・コーラBJH、サッポロHD、Dydo:株価の動向と株主優待

最近は、飲料系銘柄の株価がさえないですね。今回は、そのうちコカ・コーラBHD(2579。コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス)、サッポロHD(2501。サッポロホールディングス)、Dydo(2590。ダイドーグループホールディングス)について書いてみたいと思います。猛暑で需要が伸びているはずなのに、飲料系銘柄の株価が下がるのは不思議な感じがしますが、それぞれ理由があるようです。コカ・コーラBHD...

続きを読む

プロフィール

カツQ

Author:カツQ
リタイアして3年です。会社勤めの時にはなかなか作れなかった自由な時間を得て、主に株式投資と東京散歩で過ごしています(加えて、家事手伝いも)。
投資家としては、ファンダメンタル分析がろくにできず、メンタルも弱いダメ投資家ですが、踏ん張って自分なりの投資(損切りしない株式投資)のやり方を探しています。
東京散歩は健康維持も兼ねながら、地形や歴史・古道・暗渠を通して見た街角散歩をしています。東京の奥深さを少しでも伝えたいと思っています。

【保存版】損切りしない株式投資

カウンター

プライバシーポリシー

投資の注意点